« 結婚し、名字は変わるが… | トップページ | ベスト電器はビックカメラに「嫁入り」 »

嫌われ亀田の3日間

JBCは亀田大毅に1年間のライセンス停止処分を加え、
父親の史郎は無期限のセコンドライセンス停止。

俺って甘ちゃんだったんだな、と痛感。
「国民」は思いのほか、亀田親子をたたきつぶしたいのだ。
昨日からテレビ局は一斉に(TBSも含め)内藤選手を持ち上げているし。

格闘技にも詳しい、競馬評論家の須田鷹雄はブログ(日記)
「大毅がキックかますと思っていたのに仕込みすらしていない」と一笑に付し、
あげく「人は見かけによる」と切って捨てる。

はっきり言って亀田親子は総スカンを食らっている。味方はいない。
ここまで「国民」からボコられるとは当の一家も
(協栄もTBSも)思ってなかったのでは?

ま、1年経っても、亀パパの処分が明けたとしても、
おそらくこの一家のキャラが変わることはないだろう。

さきほど「報道ステーション」で、
亀パパが大毅に「タマいったれ」とささやいたり、
兄貴の興毅が「ヒジで目やれ」とアドバイスしているシーンを見た。
ほんとに性根からああいう人たち(まさに「人は見た目による」)なんだろう。

真のショチなし、ボクシングをやる資格がないと言われても
しかたのない人たちなのかもしれないが、
それでもあのキャラを変えて欲しくないと思うのは、勝手な意見だろうか。

正直自分も亀田親子は好きじゃないが、
そのヒールとしての「存在」自体は悪くないと思っているもんで…

TBSが味方をしてくれなくなってから、彼らはほんとの「味」を出すような気がする。
それまで牙が抜かれてなければの話ですが。

|

« 結婚し、名字は変わるが… | トップページ | ベスト電器はビックカメラに「嫁入り」 »

「スポーツ」カテゴリの記事

「ニュース」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/16772205

この記事へのトラックバック一覧です: 嫌われ亀田の3日間:

« 結婚し、名字は変わるが… | トップページ | ベスト電器はビックカメラに「嫁入り」 »