« がんばれ盛岡さんさ踊り | トップページ | 組織の難しさ »

イコーレ気仙沼

気仙沼のデパート「イコーレ」が閉店していたことを知る。
もともとは「丸光百貨店」だった店。
丸光時代に行った記憶もおぼろげながらある。

その後「ダックシティ」となり、マイカルグループ入りし「ビブレ」となるが、
気仙沼もご多分に漏れず中心市街地の空洞化が進み、気仙沼ビブレも閉店する。

しかし「中心市街地の灯を消すな」と有志が立ち上がり、
「イコーレ気仙沼」として再スタート。
たしかビブレの店長クラスの人が独立して
イコーレの立ち上げに参加したはず。

1年くらい前に行ってみたことがあるが、
すでに市街地には誰も歩いていない。
あの気仙沼も、郊外化は恐ろしく進んでいた。

イコーレも全く活気はなかった。
100円ショップとゲームセンターで1フロア埋める痛々しさが、
切なさを客にこれでもかと押しつけてくる。
ミセス向けのテナントがほとんどで、男には見る売り場もない。
100円ショップでお菓子を買って、駐車券をもらって帰ってきた。
それが最後である。

その後、売り場をとうとう1階のみに縮小してしまったそうだ。
店側も苦渋の決断だったのだろうが、
この時点で客はそっぽを向いただろう。

今年の5月にイコーレ気仙沼は5年間の歴史に幕を下ろした。
丸光として開店してから40年間。
変わりゆく気仙沼を見つめてきた店は、自らその命を終えた。

市街地でひっそりと行き途絶えていく大型店。
岩手でも枚挙にいとまはない。
他人事ではない。

|

« がんばれ盛岡さんさ踊り | トップページ | 組織の難しさ »

「ニュース」カテゴリの記事

「小売業」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/16428686

この記事へのトラックバック一覧です: イコーレ気仙沼:

« がんばれ盛岡さんさ踊り | トップページ | 組織の難しさ »