« ほっかほっか亭の国盗り合戦 | トップページ | 眠くて… »

変わったな

「劇団ひとり」を最近テレビで見てない。
数年前まで「茨城のヤンキー」をネタにしてひとりコントをしていたが
その後トーク番組にも進出。
美形とはいえない容貌から繰り出される軽快なトークと
得意芸「嘘泣き」で売れっ子に躍り出る。

そんな彼の芸能人生を変えたのが著書「陰日向に咲く」。
映画化も決まるなど、「劇団ひとり=作家芸人」のイメージを決定づけた。
その後フォロワー芸人も複数現れたが、あそこまで達した芸人はいない。
ひとりはサブカル雑誌の表紙になってみたり、
ますます「芸人」から離れてきている。
テレビ出演も、トークから「ドラマ」のほうに変化してきており、
ますますイメージを変えようとしているようだ。

「ヤンキーネタ」を知っているだけに、
「マルチタレント」「文化人」化していくひとりは、なんだか寂しい。

「劇団」と名乗っているのは、昔「スープレックス」というコンビを組んでいたときの
相方がネタのブレーンを務めているからだと聞いたことがあるが、
ネタをやらない今は、どうなっているんだろうか…

ダチョウ倶楽部上島の飲み会「竜兵会」では
本名の「川島」で可愛がられていたようだが、
もうこんな下卑た集まり(笑)はイヤなのかなぁ。

|

« ほっかほっか亭の国盗り合戦 | トップページ | 眠くて… »

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/16357108

この記事へのトラックバック一覧です: 変わったな:

« ほっかほっか亭の国盗り合戦 | トップページ | 眠くて… »