« ラウンドワン盛岡店に潜入 | トップページ | トミーズふたりぼっちin東北 »

水木しげるは妖怪だった

「妖怪・水木しげるのゲゲゲ幸福論」(BSジャパン)を途中から見る。
漫画家・水木しげるの「生態」を、水木の実娘の目線から追うドキュメンタリー。
昨年放送され、ギャラクシー賞を獲得した番組の再放送である。

大漫画家であり妖怪のスペシャリストである水木だが、
カメラの前でイチモツを出そうとしたり、
鼻をほじってみたり…実にとぼけた「爺さん」であったが、それ以上に「妖怪」でもあった。

水木を中心に、南伸坊、呉智英、荒俣宏、京極夏彦という
「バケモノ」達が自由に話し合うシーンが随所に挿入される。
皆、水木を心底愛する素敵な化け物どもだ。

そして水木は、戦争で左手を失った時以来、数十回目というパプアニューギニアを訪問。
子分として荒俣を従えるが、さしもの荒俣ですら小物に見えてしまうほど、
水木は存在感を視聴者に見せつけながら、パプアニューギニアの世界に入り込んでいく。

バナナの親玉みたいなものを頬張りながら「世界一うまい」と豪語する水木は
やはり、妖怪にしか見えない。

水木ら、日本軍が戦っていた時代を知る現地の老人たちは、
「戦い合う若者達が可哀想だった」とつぶやき、軍歌を流ちょうに歌う。
死を与え合う過酷な戦場のすぐ隣には、ギニアの人々がのんびり暮らしていた。
水木はそんな「楽園」でたびたび、羽を伸ばしていたという。

水木はギニアで隻腕となったが、代わりに、何かとてつもないものを得たのであろう。

戦争での生き死には一瞬だという。傷つきながら銃を構える者はいない、と。
死ぬ奴は、一瞬で死ぬ。その「死」と引き替えに、60年以上生き続けてきた水木。

それでも「死」に対し、いまでも興味を抱き続ける水木。
「お迎えはいつ来るんだか」と気を揉むが、
おそらく永遠に、死はこないのかもしれない。「お化けは死なない」というではないか。

もし仮に死の時が来るとしても、
来るべき瞬間にオーガズムを感じ、最後の勃起でもしているのかもしれない。
水木しげるは、恐るべき、「最強の妖怪」であった。

(追記08/5/25)
昨日再放送されていたので最初から見た。
「黙ってて金が入ってくる仕事はやっぱりいいもんですよ」と
あっさり言い切る姿は実に堂々としている。
こういう嫌みのない成功者になりたいものである。(どうせなれないけど)

本放送は2006年3月で、もう2年も経っている。
特典映像&フィギュア付きDVDも出ているとのこと。

(追記 16/1/1)
2015年11月末に水木は亡くなった。
お化けは死なない、と言ったが、やっぱり人間だったということ。
目玉のおやじは、ちょっぴりしょっぱいお風呂に入ったのだろう。

|

« ラウンドワン盛岡店に潜入 | トップページ | トミーズふたりぼっちin東北 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/16081911

この記事へのトラックバック一覧です: 水木しげるは妖怪だった:

» 集え、ぬりかべファン!?『鬼太郎の見た玉砕〜水木しげるの戦争〜』 [多文化・多民族・多国籍社会で「人として」]
2007.8.11.23:00ころ NHKスペシャル 鬼太郎の見た玉砕〜水木しげ [続きを読む]

受信: 2007.08.12 15:35

« ラウンドワン盛岡店に潜入 | トップページ | トミーズふたりぼっちin東北 »