« Wikipedia読みにくい項目選手権 | トップページ | BSデジタル11、いよいよ始動へ »

メタボ侍を考える

三重県伊勢市で、市長の号令で「ダイエット作戦」を命じられた
幹部職員の一人が、ジョギング中に急性虚血性心疾患で死亡したという。
肥満気味とされた市長と職員7名は「メタボ侍」と銘打たれ、
目標を立ててダイエットに取り組んでいた。
市長のアイディア(?)はマスコミにも取り上げられ、
全国的に話題になった。

この課長は、作戦終了日の10月までに「腹回り10センチ減」を目指したが
保健師からは「あまり急に痩せてはダメ」と言われ、
目標を「腹回り4センチ減」に下げていた。

だが、課長はダイエットととして火曜日(お盆休みだったかは不明)早朝に
ジョギング中倒れ、通行人に発見されたが、死亡していた。
運動中に心臓が止まった可能性が高い、と言う。

心疾患には狭心症と心筋梗塞があり、
運動中に起こる可能性もあるという。
今回の課長の死は運動が原因と決めつけることはできないが…

現代人は運動で消費するカロリーと
日々の生活で口にするカロリーのバランスはなかなかとれない。後者が多くなる。
そしてそれをいきなり「マイナス」にしていくのもまた難しい。

小太り気味のほうが生命維持にはよい、
という新聞記事が少し前に話題になったし、
いまのメタボリック症候群の基準は、
少ないサンプル数での調査で決められた、
やや恣意的な基準だという話も知人から聞いたことがある。

なので、あまり心配しすぎて過剰な運動をしたりすると
とんでもないことになる可能性がある、ということなのだろう。

|

« Wikipedia読みにくい項目選手権 | トップページ | BSデジタル11、いよいよ始動へ »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/16198693

この記事へのトラックバック一覧です: メタボ侍を考える:

« Wikipedia読みにくい項目選手権 | トップページ | BSデジタル11、いよいよ始動へ »