« 山田邦子「20年ぶりのピン芸」 | トップページ | 再インストールへの道 »

テレビが嫌いな人たちがテレビを審議する

IAT・岩手朝日テレビの番組審議会議事録を見ていて、何とも面白い月があった。
今年の4月のものである。
いつもはテーマ番組を決め、委員がそれを評価するのだが、
この月に限ってはテーマをフリーとしたのだ。

案の定、テレビへの恨み節やら批判やらが続出。

せんべい500枚を食う企画(「いきなり黄金伝説」と思われる)に眉をひそめ、
ロンドンハーツやクレヨンしんちゃんを「中身のない番組」と断罪してみせ、
見たい番組がなかった、「ラジオ深夜便」のほうがよっぽどマシだ、とボヤく…

ほんとうは、この人たちは「テレビが好きではないんじゃないか」と思うほどだが、
審議会の委員は「年寄り」だからしょうがないのだろう。

たとえばバラエティにしても「お笑い三人組」あたりで時計が止まっているから、
どのバラエティを見ても「若い人がガチャガチャ騒いでいる」ようにしか見えないのだ。

議事録を見るにつけ、審議委員たちの見たいチャンネルというのは
NHK(ただし基準は20年前)とか、
「朝日ニュースター」とか「ディスカバリーチャンネル」みたいな
報道一辺倒とかお教育チャンネルみたいなものなのだろうか。
日本の地上波民放テレビがみんなそうなったら…ちょっとゾッとする。

ま、それ以前に、テレビを見ていればあっという間に目がしょぼしょぼしてくるから
「テレビは見たくない」んだろうね(笑)

ちなみにアウトドアライターの村田久氏だけは、
「テレビをたくさん見た」と自信満々で
「IATは20時以降と日曜日に番組を作ってませんね」と的確な指摘を行っている。
テレビが見たくないおじいさん達はこんなこと、気づかないだろう。

|

« 山田邦子「20年ぶりのピン芸」 | トップページ | 再インストールへの道 »

岩手県」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/16268535

この記事へのトラックバック一覧です: テレビが嫌いな人たちがテレビを審議する:

« 山田邦子「20年ぶりのピン芸」 | トップページ | 再インストールへの道 »