« NHKの「決断」 | トップページ | ニュースの職人が登場 »

段ボール肉まん、やらせだった

中国の段ボール肉まんは「これだから中国は…」と世界に再認識させる事件となっていたが、
実は「やらせ」だったことが分かったという。

テレビ局のアルバイトがねつ造をしたことがわかり、
警察に拘束されたと報道されている。

しかし、この「やらせ」を主導したのはほんとうにアルバイトだったのか、疑問は残る。
テレビ局の上層部がやったのか、あるいは国家的なものか…。
事実を隠蔽することに関しては、中国はお得意だろうし。

従って「これだから中国は…」という思いは消えないのである。

|

« NHKの「決断」 | トップページ | ニュースの職人が登場 »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/15807082

この記事へのトラックバック一覧です: 段ボール肉まん、やらせだった:

» ダンボール肉まん捏造報道の偽装 [かきなぐりプレス]
中国政府の得意技の一つに「朝令暮改」がある。ちょっとでも困ったことがあると、すぐに前言を翻す。 中国へ進出した日本の企業はこれで随分泣かされてきた。 朝令暮改は確信犯的に外資誘致戦略の一つとしても捉えられているようで、「鳥を誘いこんで巣を作らせ、卵を生んでひなが孵れば、親鳥は煮て食おうが、焼いて食おうが、中国の勝手」というのが、常套手段。 工場を作らせ技術がパクれたら後は用なし。不当な税金をかけたりして、進出企業が嫌気がさすように仕向け、撤退に追い込む。 中国では新聞、テレビ... [続きを読む]

受信: 2007.07.19 09:41

« NHKの「決断」 | トップページ | ニュースの職人が登場 »