« 梅雨寒 | トップページ | レーザーマウス »

岩手のセブン-イレブン、本日始動

711hana
これまで宮城県境の一関市のみで展開してきたセブン-イレブンが本日、
県南部の花巻市、北上市、奥州市で一気に4店をオープン。
その中で、盛岡から一番近い、「花巻松園一丁目店」へ行ってきた。

場所は国道4号から西側へ向かう、県道123号沿い。
近隣は住宅街で、交通量はそこそこある。ロケーション的には悪くない。

じょじょに店に近づいていき、「7」のサインポールを発見したときは、
「おおっ」というプチ感動がわきあがった。(オタクだね~)

オープン日だけに、広い駐車場も車でいっぱい。
店の前では「電子マネーnanaco」の登録者に福引きのサービス。
とりあえず今回は辞退。

都内でさんざん見た、ピンクとえんじのツートン制服を来た店員たちがお出迎え。
フツーのコンビニのはずなのに、店内はなかなかの盛況ぶり。

オープン記念で、弁当は50円引き、パンは30円引き。
メロンパン4個300円という魅惑のセールもあったが
さすがに独身男にメロンパン4つはキツい。

思ったほどPBはない。
イトーヨーカドーにあった「なんちゃってPB」のウーロン茶などが、
セブンのロゴの入ったラベルをつけて売られていた。
「セブンプレミアム」も、見たところ売ってなかった。

店内放送は当たり障りのないインストゥルメント。王者の風格。
すると聞こえてきたのは、「♪セブン、イレブン、いい気分」の伝統的サウンドロゴ。
すでにCMでも使われなくなったが、
これを岩手の地で耳にしたことに、ちょっと感動。

そこそこの金額の品物を買ったが、とくに景品等はなし。
レジ後方に、袋に入ったティッシュの箱らしきものが積まれていたが、
これも「nanaco」の特典か?

パン、おにぎり、サンドイッチ、弁当など、製造元を見る限りすべて宮城県の工場。
店を出る際、宮城ナンバーの配送トラックが、車でごった返す駐車場にずかずかと入ってくるのを見た。

今回の県南進出は、ロジスティック(輸送)面での問題が解決されたことによるものだそうで、
宮城県内の総菜センターなどから商品を運ぶのに、
花巻あたりまでなら新鮮さを保てる、と判断できたため進出を決めたという。
つまり、「宮城ブロックの一部として岩手県南進出」といったところだろう。

セブンは再来年までに、紫波町まで進出する計画があるとする。
気になる盛岡以北であるが、物流センターがない現状では不可能で、
進出は未定としているが、一部では盛岡市内で物件を物色しているとも。

ファミリーマートは同じようなパターンで、徐々に岩手に浸透していき、
盛岡進出後怒濤の勢いで店舗網を増やし、いまでは90店舗以上を岩手県内に構える。
セブン-イレブンのドミナント戦略のもの凄さは誰でも知るところ。
ファミマのそれを上回ることは容易に想像できる。むむむ、どうなる。

|

« 梅雨寒 | トップページ | レーザーマウス »

「小売業」カテゴリの記事

岩手県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/15671864

この記事へのトラックバック一覧です: 岩手のセブン-イレブン、本日始動:

« 梅雨寒 | トップページ | レーザーマウス »