« 架空請求 | トップページ | 梅雨寒 »

IBC岩手放送、生番組でハイビジョン放送開始

最近ローカルニュースを見るヒマもなかったので気づかなかったが、
IBC岩手放送がハイビジョンカメラを導入し、
「ニュースエコー」が晴れてハイビジョン放送となった。
おそらく今週月曜からと思われる。

まだ全部とはいかないようだが、ENGカメラもハイビジョン対応となり
(すでに使用していた可能性もあるが)、
クリアで精細な取材映像が見られるようになった。

実は昨年のハイビジョン放送開始以来、
タイトルCGだけは16:9のハイビジョン仕様だったのだが、
スタジオ画像、取材映像ともに4:3のSD画質だった。
それが今回、一部のENG映像以外は基本的にオールハイビジョン化。

日本で唯一?だった写植テロップもようやくお役ごめんになり、
完全にコンピュータテロップに移行。
これまで使用していた「ゴナ」は「平成ゴシック」に置き換わっている。
ただ平成ゴシックは他の民放3局も使用しており、見た目が紛らわしいが…。

おそらく「じゃじゃじゃTV」など、ほかの生番組でも
ハイビジョンカメラを活用していくものと見られる。

ハイビジョン設備導入ではテレビ岩手が昨年、完全にHD移行し
視聴者の度肝を抜いたが、IBCもようやく「老舗の意地」を見せた格好。
残るはめんこい、IAT。両社とも録画番組で実験的にHD放送を行っているが、
生番組でも、早いとこハイビジョン化してもらいたいものである。

|

« 架空請求 | トップページ | 梅雨寒 »

岩手県」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/15674139

この記事へのトラックバック一覧です: IBC岩手放送、生番組でハイビジョン放送開始:

« 架空請求 | トップページ | 梅雨寒 »