« 夏の悩み | トップページ | 5800分のルパン »

毎日新聞、産経新聞、MSN

マイクロソフトと毎日新聞の合弁ニュースサイト、
MSN毎日インタラクティブが9月末日で終了。

契約満了に伴うもので、10月から新たに産経新聞がマイクロソフトと提携。
産経のニュースサイトが、マイクロソフトの運営するポータルサイト、MSN内に移行、「MSN産経ニュース」となる。

毎日新聞はマイクロソフトとの提携を解消する代わりに、
10月から新ニュースサイト「mainichi.jp」を立ち上げるとのこと。

マイクロソフトはおいといて、
毎日にも産経にも、ベストな選択なのだろうと思う。

5大紙と呼ばれながら、発行部数ではブロック紙の中日以下にある産経としては、
WEBの世界で、MSNの「やる気」に乗っかることができるわけだ。
いまのMSNは独占的地位にありながら、
検索でもポータルでも二番手以下に甘んじており、むしろ「追う立場」なのだ。
その「イケイケ」ムードのおこぼれを産経もいただけるわけ。

産経は(異論はあろうが)日本随一の「右新聞」として一定の地位にあり、
その独自性を大いにアピールすることもできるだろう。

いっぽうの毎日は、「腐っても鯛」ではないが、
部数では日経に越されていると言われつつも「3大紙」の一端を占めている。
それなのにMSN毎日という名前では、
いかにも「マイクロソフトの力を借りる」イメージであり、
「没落した毎日新聞」の印象を少なからず与えていた。

また、マイクロソフトと離れることで、
業界のガリバーに対し、より客観的な報道ができるようになる。
こびへつらっていたわけではなかろうが、
ある程度遠慮はしなければならない立場だったわけで、
その「足かせ」がとれることになるのだ。
とくにいまのマイクロソフトは「劣勢」であり、報道のしがいもある存在だ。

逆に産経にはその足かせがつくことにはなるが、
MSNと提携する「果実の大きさ」をとったのだろう。

新しい毎日、産経のニュースサイトに期待したい。

|

« 夏の悩み | トップページ | 5800分のルパン »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/15586189

この記事へのトラックバック一覧です: 毎日新聞、産経新聞、MSN:

« 夏の悩み | トップページ | 5800分のルパン »