« 幸見の夕刊テレビ(4) | トップページ | 蕎麦を食べたがる年齢層 »

働き過ぎ

「業界誌」を読んでいると、
「店長」や「係長」の一日のスケジュールを紹介していたりする。

先日読んだスケジュール。

朝7時出勤し、朝の会議をしてから8時30分の始業時刻。
あとは部下達と仕事。それが終わると、夜6時から打ち合わせ。
8時に終わるとデスクに戻り、日誌を書いたりメールを処理したりして、
9時半に帰宅するという。

これって「働き過ぎ」なのでは?

でも、この雑誌ではこれが「普通」のスケジュールだと紹介していた。
確かに、このぐらい働いている人は珍しくないとは思う。

この人の場合は、朝と夜の拘束時間は「会議」や「雑務」であって、
実際の労働ではないから、負担にはならないかもしれない。
それでもこれは、いくらなんでも拘束されすぎではないだろうか。

もし、小さい子供のいる家庭を持っている人だとすれば、
朝はまだ子供が起きていないかも知れないし、
夜、家に帰ると子供はもう寝ている…ということもありうる。

休日に子供と遊べばいいじゃない、と考えたくなるが、
これだけ働いていると言うことは、休日もかり出されたりするのだろう。

もちろん、この人の場合は役職もあり、
ある程度の見返りは約束されているのだろうが…。

朝7時出勤して、夜10時に帰るというスケジュールを見ると
「立派だね」と言いがちであるが、まず異常性を感じるべきではなかろうか。

|

« 幸見の夕刊テレビ(4) | トップページ | 蕎麦を食べたがる年齢層 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/15099869

この記事へのトラックバック一覧です: 働き過ぎ:

« 幸見の夕刊テレビ(4) | トップページ | 蕎麦を食べたがる年齢層 »