« バスのおもてなし | トップページ | 日本のかたきをカンヌで討つ »

明石家さんちゃんねる その後

去年の番組スタート時に酷評した番組であるが、
4月に突如リニューアルされた。

コンセプトは「独立テレビ局」。明石家さんまを「CEO」になぞらえ、
ナレーターだった戸田恵子が今度は顔出しで
専属アナウンサー(という名の進行役)を務める。

リニューアル前にプチテコ入れで加えられた「ニュースの密林」を
メインコーナーに据え、
視聴者投稿の「本当にあった勘違い」や、
『明石家サンタ』でさんまと黄金のタッグを組む八木亜希子を
サブ司会に迎えた占いコーナーなどが新しく登場した。

番組の目玉として迎えられた工藤静香と飯島直子はやや引っ込み、
芸人(とくに吉本)が前面に出るスタイルになった。

「密林」では多数の芸人(とくに吉本)がひな壇に並び、
ニュース(と言う名の個人情報)をネタにトークを繰り広げる。
芸人たちが思いをはせる女性にマジ告白するコーナーも登場。

「勘違い」では、これまた芸人(とくに吉本)が
視聴者のネタをおもしろおかしく演じる。
アンジャッシュは「勘違い」がテーマであることをいいことに
得意の「勘違いネタ」を披露するなど、番組ならではのお楽しみも。

中堅芸人(とくに吉本)が脇を固める構成だが、それだけでは
「『俺が一番』番組」のままで終わった「明石家マンション物語」の二の舞。
そこで、ひな壇、投稿、再現コント、恋愛企画など、
「さんま番組」のエッセンスを寄せ集め、保険をかけたというところだろう。

企画によって当たり外れはあるが(個人的には占い企画は×)
なんとかまともな「バラエティ」にはなったな、という印象である。
数字は好転していない様子だが、まだ種まきの状態か。
いまが一番苦しい時だぞ、TBS。

|

« バスのおもてなし | トップページ | 日本のかたきをカンヌで討つ »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/15177896

この記事へのトラックバック一覧です: 明石家さんちゃんねる その後:

« バスのおもてなし | トップページ | 日本のかたきをカンヌで討つ »