« 老舗百貨店の画期的サービス | トップページ | 昼休みの魔物たち »

トヨタに死角あり

自動車大手のトヨタ自動車が、
日本企業で初めて営業利益2兆円を超えたという。
売上高は連結で24兆円…いやはや。

財務諸表を見ると、とんでもない数字で驚かされる。

決算書の見方をちゃんと知っている訳ではないが
とりあえずトヨタ自動車単独決算
「利益剰余金」の多さと「固定負債」の少なさはトーシローでもわかる。

グループ全体の「連結決算」は本体の数字の良さから見れば劣るが
それでもそこらへんの企業と比べれば絶好調といえる数字である。

いまや世界一の企業となったトヨタ。
しかし、「追われる身」にはひたひたと、
北米、ヨーロッパ、そして韓国からも追っ手の影が見える。

お膝元の日本でも死角がある。
「クルマが売れない」のだ。

景気が回復せず、自動車を買い控えたり、
維持費の安い軽自動車に流れたりする動きがある。
首都圏は好景気の波を受けてはいるが、そもそも公共交通機関が発達し、
自動車はおろか運転免許を持っていなくても生きていける。
で、首都圏ではトヨタだろうがなんだろうがクルマが売れないのだ。

クルマが売れなければ、トヨタの売り上げも落ちる。利益も減る。
決算書なんか読めなくてもこれは誰でもわかる話。

事実、鳴り物入りでスタートした高級車「レクサス」部門は
高級イメージが度を過ぎていてさほどの売り上げもないという。

華やかな業績の裏で苦心を続けるトヨタ。
世界一の座を譲り渡せば一気にステータスも下がるだろう。
追われるより、追う方が気楽なのだ…。

|

« 老舗百貨店の画期的サービス | トップページ | 昼休みの魔物たち »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/15062482

この記事へのトラックバック一覧です: トヨタに死角あり:

« 老舗百貨店の画期的サービス | トップページ | 昼休みの魔物たち »