« はじめて天下獲り? | トップページ | 選挙公報も真剣に! »

おたく文化が引っ張る日本版Wikipedia

日本語版Wikipediaの「林原めぐみのTokyo Boogie Night」の項目が興味深い
(名前だけ知ってるだけで聞いたことはないラジオ番組)。
まずいきなり目に飛び込む「削除提案中」「著作権侵害のおそれ」のテンプレート。

注釈である「ノート」を見るとこれまた香ばしいやりとり。
オーナー気取りで仕切る人物に、反発する人物。
自分の考えを展開し、Wikipediaをブログか何かの代わりにしてる奴。
コーナー名を全部列挙しろ、と無理難題を言う無記名者。
それに対して長々と説教する人。

日本のWikipediaはサブカルの項目が他国版に比べ多いということであるが、
OTAKU達が仮想の百科事典で熱く燃える(萌える?)姿は
日本文化ここにあり、という感じで逆にほほえましい。

こんなのもあった。
非公式に作られたWikipediaのイメージキャラクター「ウィキペたん」
メイド風の、完全な萌えキャラだ(ちなみに「ウィキペ」+「たん」だそうである)。
ちゃんと、Wikipediaの固有的意匠であるジグソーパズルのピースを身につけている。

こんなキャラ勝手に作んじゃねー」と怒って削除依頼したマジメな奴もいたようだが、
これだけのイラストを書いた人(人々)の労苦を考えれば、
削除しないのもアリかな、とも思う。日本らしくていいではないか。
世界各国語版のWikipediaでも「アニメ」を説明するために使用され活躍しているし、
中国の人が書いたとおぼしき「ウィキペたん」もあった。

ちなみにウィキペたん作者は昨年、Wikipedia日本語版の管理者に就任しており、
世界の人々からも、「ウィキペたん」作者への熱いメッセージが寄せられている。

百科事典だから○○はダメ、という記述を「ノート」でよく見るが、
Wikipediaはもはや百科事典の枠を超え始めているような気もしてしまった。

|

« はじめて天下獲り? | トップページ | 選挙公報も真剣に! »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/14825247

この記事へのトラックバック一覧です: おたく文化が引っ張る日本版Wikipedia:

« はじめて天下獲り? | トップページ | 選挙公報も真剣に! »