« 走れる歓びを力に、前へ。 | トップページ | 達増県政を岩手は選んだ »

楽茶間リニューアル

岩手朝日テレビ「楽茶間」(ラクティマ)がリニューアル。

2年半使用したセットを一新。水色を基調とした、南欧民家風のさわやかな作り。
司会陣はこれまでの着席から起立状態になり、情報番組らしさを演出している。

…といっても、やけに低いセットで、
よく見ると後ろには「スーパーJチャンネル」のセットがのぞく
(日曜日には選挙特番もあるので今回だけかもしれないが)。

放送時間もいままでの9時30分から後ろにスライドし10時スタート。
以前も指摘したが、前に控える「旅サラダ」が9時30分まで放送する関係で、
9時24分前後スタートの「じゃじゃじゃ」「どこ行こ」に
どうしても追いつかない状態だっただけに、
どうせならわかりやすい時間帯で、ということで10時ジャストに移したものと思われる。

お店の中継などでは10時くらいだと店が暖まっていない(客が少ない)場合もあるから
これはこれでよいのではないだろうか。
ただ放送時間移動のとばっちりで5分短縮の50分放送になってしまった。

なお、「どこ行こ」は今回をもって裏番組ではなくなった
(ただし「どこ行こ」は月1回ペースで時間延長しているが)。

テーマ曲も変わったが、番組内容はあまり変わらず、
生放送以外でもこまめに岩手に通う「歩くエンドーチェーン」小山羊右(おやまようすけ)と
矢部順子アナとのコンビも相変わらず。
初回からジャブジャブと麻婆豆腐に食らいつく羊右の姿はさまになりすぎで、さすがの一言。
仙台タレントの層の厚さを感じさせる(羊右とワッキー貝山くらいしか知らないけど)。

先週をもって放送開始から在籍するレポーターはすべて去り、
かたくなに青森で局アナをやっていた経歴を隠す(オセロ松嶋似の)三浦知華と、
先々週から参加している斗ヶ澤那美の2名が中継とスタジオを交代で担当
(追記…その後、両名ともスタジオにおり、中継にIATアナがかり出されるパターンが増えている)。

リニューアル初回は選挙のPRキャラを務める「ふじポン」が乱入
(見なかったが、ブログによると各局をはしごしたらしい)。
意外にも羊右とは初顔合わせ。盛岡タレントと仙台タレント夢の共演。
名刺を差し出す羊右(よく見たら「楽茶間」の名刺だったけど)。

田舎臭い「じゃじゃじゃ」、青臭い「どこ行こ」、宣伝臭い「あなろぐ」と比べると
もっともバランスがとれた番組だと個人的に評価はしている番組なので、
今後の健闘を期待したい。(←こんなまとめが多くてすみませんね)

|

« 走れる歓びを力に、前へ。 | トップページ | 達増県政を岩手は選んだ »

岩手県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/14599963

この記事へのトラックバック一覧です: 楽茶間リニューアル:

« 走れる歓びを力に、前へ。 | トップページ | 達増県政を岩手は選んだ »