« オールウェイ  | トップページ | 「林家木久扇」登場 »

「やしきたかじん」の名を聞く

「たかじんONE MAN」(毎日放送・MBS)で、司会のやしきたかじんが
タレント堀ちえみの元夫について、誤った情報の発言をしたとして
制作したMBSが総務省から厳重注意を受けた。

昨年暮れには民事裁判でたかじんとMBSが、訴えを起こした元夫に敗訴している。

やしきたかじんといえば、美声の実力派歌手として知られるが
地元大阪ではそれ以上に「歌も歌える漫談師」のイメージが強いという。
歌声と正反対のガラガラ声でしゃべくりまくるその腕を買われ、
古くから大阪ではテレビ司会として活躍、いまも一線級の活躍を見せる。

YOUTUBEでは、たかじんの別の番組のハイライト?シーンがアップされているが
(テレビ局に言わせれば著作権法違反であろう)、関西限定ということもあってか
「従軍慰安婦」などキー局では毛嫌いするようなヘビーなネタも扱っているようだ。
もはやたかじんは「論客」としての顔も持っているようす。

ただ、久々にたかじんの顔を見たが、
顔だけ見ればずいぶん老け込んだな、という印象。
彼自身が東京を毛嫌いしていることもあり、
全国ネットの番組に顔を出すことは滅多にない。
地方(とくに東日本)ではすっかり「過去の人」になってしまっている。

だからおそろしく老けたように見えるのだろう。
彼が大阪を選び、大阪が彼を選んだからこそなので、
それについてどうこうは言わない。

ただ、こういう「不祥事」でしかやしきたかじんの存在を確認できないのは
ちょっと残念でもある。

|

« オールウェイ  | トップページ | 「林家木久扇」登場 »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/14870338

この記事へのトラックバック一覧です: 「やしきたかじん」の名を聞く:

« オールウェイ  | トップページ | 「林家木久扇」登場 »