« ワールドビジネスサテライト | トップページ | 石原慎太郎という人 »

「不味い、もう一生食べない」

じゃじゃ麺とかいうのを食べた」ではじまるブログ。
「盛岡名物なんですって。でもはっきり言って不味かった」という。
「たぶんもうこれからの人生で食べないと思う」という強烈な文でしめくくられている。

盛岡市民にとってなんともハードなパンチである。
田舎者だから、あんなゲロマズなものを食べてるんだね、
と言われているようで。

この方は東京で食べたそうで、当たった店が悪かったのかと思ったが、
東京でじゃじゃ麺を出す店なんてそうそうないだろうから、
この人にはほんとうに合わなかったのだろう。

だがここで冷静になって考える。
100人が100人、ウマいと言う食べ物はたぶんないだろう。
じゃじゃ麺は見た目もそれほどよくはない(とくにかき混ぜた後)。
「こんなの絶対もう食べない!」と断罪する人がいたっておかしくない。

「くさや」「なれずし」「しもつかれ」だってクサイと言われていながら、
うまいうまいと食べている人だって大勢いるのだ。
99人に嫌われても、1人に愛されればいい。
それが存在価値という付加価値になったりもする。
まあ、嫌いという人が少ないに越したことはないが。

こんなの大嫌い!と言われるくらい個性があるという考え方もできる。
「なんとなくあるから食ってる」というものよりは、
「大好き! おいしい!」と言ってくれる人の方がいいし。

で、冒頭紹介したブログの方には、
あと10年くらい間をおいてもう一回くらいは食べてみてほしいもんです。

|

« ワールドビジネスサテライト | トップページ | 石原慎太郎という人 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/14634777

この記事へのトラックバック一覧です: 「不味い、もう一生食べない」:

« ワールドビジネスサテライト | トップページ | 石原慎太郎という人 »