« ヒゲの三木谷、春の大暴れ | トップページ | 「るくなす」スタート »

うまいレバニラ炒め探求

ニラレバともいうその料理。
今晩のメインディッシュはレバニラ!と材料を買う。

家で作ると強烈にクサい代物になってしまいがちなレバー料理。
そこを少しでも食堂の味に近づけることを目標に作ってみた。

レバーは水に浸しておいて血抜きをするというが、
そもそも血のかたまりであるから抜けるはずがない。
水につけて洗う程度でOK。

その後、醤油としょうがを加え軽く混ぜ込み、1時間ほど漬けておく。

フライパン(炒め鍋)でタマネギとニラをまず炒める。
塩こしょう・醤油で味付け。

いったんタマネギとニラを皿に取り、
火を強めてからフライパンにレバーを投入
(レバーは脂が多いので今回は油を入れなかった)。

多少のコショウで香りをつけつつ炙る。
レバーは火を通しすぎると臭みが強まると聞いていたので、
手早く済ませる。少し柔らかさが残るくらい。
ひっくり返そうとすると軽く折り畳めるくらいで止めた。

それを、さきほどいためたニラとタマネギに「融合」。
レバニラいための完成。

食べてみると、やはり臭みが少なくて済んだ。
一部火を通しすぎた塊があったのだが、やはり臭みが強い。
いっぽうの、ほどほどに抑えたレバーは臭みが少なく、まったりした味わい。

「レバニラは火加減が大事」! 今日の教訓。

|

« ヒゲの三木谷、春の大暴れ | トップページ | 「るくなす」スタート »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/14798448

この記事へのトラックバック一覧です: うまいレバニラ炒め探求:

« ヒゲの三木谷、春の大暴れ | トップページ | 「るくなす」スタート »