« 「林家木久扇」登場 | トップページ | 剛胆?細川ふみえ »

昭和の日に思う

今年から4月29日は「昭和の日」。

もともとは昭和天皇の誕生日であり、祝日だった日。
戦争の指導者まで務めた昭和天皇・裕仁だったが
晩年は植物を愛する「翁」として国民に愛された。

それを記念し、平成に入り天皇誕生日でなくなった4月29日は
「みどりの日」と改名された。
ゴールデンウィーク前半の大事な祝日でもあり、
平成時代に入っても平日には戻されなかった。

国民に定着していたみどりの日だったが、
なぜか一部政治家が「昭和の日」という呼称を提唱。
なぜかそれが国会を通り、
なぜかみどりの日は今年から昭和天皇とゆかりのない、5月4日に移動した。

そもそもなぜ「昭和」を平成になって19年目に持ち出すのか、意味がわからない。

昭和の日があるなら「大正の日」があってもいいし、
文化の日はそもそも「明治の日」にすべきではないのか。

また、大いに慎むべき表現ではあるが、
同じ慣習を今後繰り返すとなれば、
「○○の日」が増えていくことになりはしないか。

そして、さきほども少しふれたが「昭和」という言葉には、
「戦争」という言葉がつきまとう。
激動の時代とその復興に思いをいたす日なのだ」、と言うが
「激動」とはほぼ「戦争」のことではないのか。

「『みどりの日』に昭和の時代を顧みる人が少ないから改名する」ようだが、
子供でもなければ「みどりの日は昭和天皇の誕生日だった」
ということくらい思い出せるはずだし、
そもそもゴールデンウィークの序盤戦に、
「きょうは昭和の日だから…」と感傷にふける人間は少数派だろう。
むしろ、みどりの日という名前のほうがよっぽど意義深い
(みどりの日の存続は結構だが、由来のない5月4日に移動するのはおかしい)。

よって「昭和の日」という名称には反対する。

昭和の日オフィシャルサイトにはきれいごとばかり書いてあるが、
そんなきれいな思い出だけで語れる時代じゃない。
「激動の時代」昭和生まれだからこそ言いたい。

(追記)
ブログ検索すると、おおむね「昭和の日」を肯定する人が多いようだ。
「大賛成」という人から、「まあいいんでないかい」という人までさまざまであるが。
反対しているのは、ガチガチの左(キョーサン議員とか)か、外国人系のサイトくらい。
でも、たいがいの日本人は「休みなら名前はどうでもいい」のかもね。

もうひとつ素朴な疑問。20年後も「昭和の日」を続けるのだろうか?
戦争の時代はもちろんのこと、バブルまっただなかでニッポンが輝かしかった
昭和の末期すら知らない世代が日本を動かすような時代になるけれども、
そんな世の中でもまだ「昭和の時代に思いをいたし」なのかなぁ。
そのとき、日本がどうなっているかはわからないけれど。

|

« 「林家木久扇」登場 | トップページ | 剛胆?細川ふみえ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事