« ヤバいぞ、岩手競馬 | トップページ | デンコードーのCMキャラに武田鉄矢 »

共産党って

注目の都知事選。

石原慎太郎に、単なる私憤で挑む、ド素人の黒川紀章。宮城県に借金をたっぷり残したまま都知事選に打って出る浅野史郎。

3人の熱いバトルに我慢できなくなったか、タレント弁護士の丸山和也も出馬に興味を示しているという。

このホットなバトルをテレビで取り上げる際、必ず出てくる「ドラえもん」。それが日本共産党候補の吉田万三氏だ。

しかしこの吉田氏、石原や黒川がテレビに映るたびに、申し訳程度に紹介されるのがほとんど。吉田氏はあきらかにこのバトルには参加していない。

もと足立区長という経歴はあれど、党員以外に支持者の少ない共産党の候補であり、候補として何の華もない吉田氏がこの都知事選に当選する確率はほぼゼロ。たとえば石原慎太郎がなんらかの理由で失脚するとか、大きなアクシデントが起こらない限りは。

以前も指摘したように、共産党は負け戦を好んでしたがるが、はっきり言って無駄な出馬は、有権者には鬱陶しいだけだ。

都知事選はまだ結果は出ていないが、首長選などで、注目の候補たちにうずもれた共産党候補が立候補がボロ負けしたあげく、新聞に敗戦の弁すら取り上げてもらえず…というケースは多い。これじゃ選挙費用の無駄遣い…無駄遣いって言葉は、共産党はもっとも忌み嫌うもののはずなのだが。

「オール与党を倒そう」「いまこそ挙げよう庶民の声」と威勢はいいが、実行力は…。愚直も結構だが、取り引きや駆け引きも、共産党には必要ではないか? …それじゃ共産党じゃない、という声もあるだろうが。

それ以前に、共産党が必要とされているかどうかという大きな問題もあったりする。

|

« ヤバいぞ、岩手競馬 | トップページ | デンコードーのCMキャラに武田鉄矢 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事