« 魚を売るコンビニ | トップページ | 無間地獄 »

レジ袋有料化

仙台市内のスーパー4店が
6月からレジ袋の有料化を行うという。
参加するのは、仙台市東部「幸町」のジャスコや生協など3店と、
南部「大和町」のヨークベニマル1店。

市と市民グループ、そしてスーパーの連携により
有料化をスタートさせるそうだ。

いまも、多くのスーパーではマイバッグを持参すると
スタンプカードに押印してくれたり、ポイントをつけたりする
サービスを行っているところがあるが、
やはり「有料化」は最たる決めてだろう。

ゴミ袋に使えるといって持ち帰るのはいいが、
結局レジ袋を丸めてゴミ袋に入れて捨てている家庭は多かろう。
そのレジ袋代はスーパーの持ち出しで、コストとなる。
家庭で捨てられたレジ袋を焼却するのにも金はかかる。

ほとんどの場合、1回だけ使われて捨てられる運命のレジ袋。
無駄の象徴であるともいえ、
レジ袋の有料化はむしろ当然、と思うべき時代になってきているのかもしれない。

|

« 魚を売るコンビニ | トップページ | 無間地獄 »

「小売業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/14269644

この記事へのトラックバック一覧です: レジ袋有料化:

« 魚を売るコンビニ | トップページ | 無間地獄 »