« 毎日毎日、ボトルガム | トップページ | 黄砂 »

あるある大事典訂正放送

Aru1
28日になって突然放送された「あるある大事典」の訂正放送。
もともとは「グータンヌーボ」(関テレ)と「ココリコミラクルタイプ」(フジ)の
合体特番が放送される枠であり、関テレとフジで調整しやすかったためと思われる。

「あるある」の時間帯で放送された前回と同じ、毛利八郎アナが登場。
テロップなどから関西テレビベースで制作されていることがわかる。
前回の時も書いたが、在京の制作会社に丸投げだった
「あるある」の放送体制がより浮き彫りになっている。

この訂正放送では、「あるある大事典」「あるある大事典II」計520回を
検証したうちの7回に、明らかなねつ造があったとしている。

Aru2
「実験」での数値の改ざんについては、放送趣旨にそうような
わかりやすい数字への「調整」がなされていたようである。

また、アメリカの大学教授のコメントについては、
まるっきり反対の吹き替えがなされていたという驚きの検証結果が紹介された。
同じ教授が、情報提供のため電話をかけてきたというニセの演出もあったという。

数字ねつ造では、「味噌汁ダイエット」の回で、
4.8kgやせたのに、2.8kgしかやせていないという「逆ねつ造」もあった、と発表。
おそらく、「やせないほう」の被験者がやせてしまったので
改ざんしたということだろうか。

Aru3
そのほか、改善すべきだった回として8回分の放送日とタイトルのみ紹介されたが、
これでは何を視聴者に伝えたいのかわからなかった。
ただ、ねつ造があったとする7回分も含め、
あれも見たな、これも見たな、と思い出す。

正直、520回のうちたった7回か、
もっとねつ造しているんじゃないか、という印象を抱いた。

下請け業者、孫請け業者が過酷な状況で番組の制作を強いられる
「ピラミッド構造」だったという「あるある」。
制作会社が毎回のようにせっぱ詰まって「いいやこれで」と
ウソの情報で番組を作ってしまうことが恒常化していたことも考えられる。

ただ、10年放送している番組だけに、
古い放送回(ヒロミが司会していた初期など)では
資料が散逸していたり、関与したスタッフがやめていたり、
ヘタすればこの世にいないかもしれないわけで、
完全な検証は時間がかかるだろう。

この番組が視聴者に伝えた情報が仮に「ぜんぶウソでした!!」というなら、
これは「壮大などっきり」だよなぁ、
あまりにテレビ的だよな、とむしろ感心すらしてしまうが、まさかそれはないだろう。

「あるある」本編に一切出演したことのない毛利アナだけが
画面に出て謝ってばかりいるが、
司会を務めていた堺正章は未だに口を開いていない。
いや、ほんとうに彼は何も知らなかったのかもしれないが。

|

« 毎日毎日、ボトルガム | トップページ | 黄砂 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/14441509

この記事へのトラックバック一覧です: あるある大事典訂正放送:

» 関テレ あるある2の訂正放送 [C-bose Laboratory]
 今日は伊豆長岡から東名を通って帰ってきたのですが、その際富士川SAのスタバに寄りましたら、静岡朝日テレビの伊地アナが富士山をバックにお弁当を食べているところを撮っていました。確か数日前には輪島から地震被害の様子をレポートしていたのを放送していましたし、色んなところに出張で忙しいんだなぁと思いました。  さて、22:00から15分間、あるある2の訂正放送がされていました。改ざん部分、表現に問題ありなどアナウンサーが淡々と説明する内容ですが、数値の改ざん、通訳を全く違うものにしていたなどがあった... [続きを読む]

受信: 2007.03.28 23:22

» 「あるある」訂正放送 その2 [ないとうの気ままな(?)日常]
「発掘!あるある大事典II」の捏造問題に関する訂正放送が、28日の夜10時に放送されました。 1月の訂正放送(納豆ダイエットでの捏造)に続き、今回も関テレの毛利八郎アナが深々と頭を下げて謝罪していました。 「あるある」捏造7件、関テレが15分の訂正放送(Yahoo!/読売新聞) 「発掘!あるある大事典2」の捏造問題で、番組を制作した関西テレビは、28日午後10時から、新たな捏造(ねつぞう)を認めた7件について、放送法に基づく15分間の「訂正放送」を全国ネットで行った。 放送では、関西テレビ... [続きを読む]

受信: 2007.03.29 04:21

» 【ねつ造】「あるある捏造」認めた関西テレ社長の進退問題に注目か [話題の仰天エンタメ情報]
新聞報道などによると、関西テレビ「発掘!あるある大事典」番組捏造問題で、「総務省が30日にも『警告』の行政指導をする」「キー局のフジテレビに『厳重注意』、系列の各局にも『注意』など異例の行政指導をする方針」などと、総務省が関西テレビなどに対して、行政指導を行う期日を明らかにしている。 PJニュースは29日午前、総務省に「30日に行政指導することが決定したのか」聞いてみた。総務省広報によると、「総務省広報としては、期日等につい... [続きを読む]

受信: 2007.03.30 14:16

« 毎日毎日、ボトルガム | トップページ | 黄砂 »