« ITもほどほどに | トップページ | ドーナツを待つ間に »

BBCとYOUTUBE、そして日本のテレビ局は

MSN毎日によると、
イギリスの国営放送BBCが、大手動画サイト「Youtube」に
ニュースやテレビ番組などのコンテンツを提供するという。
これをもとに、WEBサイトのアクセスアップにつなげたいのだそうだ。

BBCは、これまで無断でYoutubeにアップされてきた放送映像について
「事業に役立つ」「削除を要請しない」と鷹揚な対応を見せており、
Youtubeと協調する路線をとっていくという。

先日、Googleによって買収されたYoutubeは、
動画投稿サイトとして親しまれており、
ミュージッククリップの提供をはじめたアーティストもいるという。

我が国でも「ようつべ」と呼ばれ愛されているYoutubeだが、
どちらかというと「違法にアップされたテレビ映像を楽しむ」ことに用いられる傾向がある。
その象徴だったのが「極楽とんぼ加藤、司会のテレビ番組で涙の謝罪」の映像。
顔をクシャクシャにして泣きはらす加藤の映像が何個もアップされたが、
映像の権利を持つ日本テレビはYoutubeに映像の削除を求め、結果消去された。

それ以後も、日本のテレビ局はYoutubeに対し、
アップされたテレビ番組の削除を繰り返し要請し、
結果、テレビ放送の映像はほとんど削除されているが、
それでもテレビ番組の投稿は繰り返されるいたちごっこ。
現在Youtubeでは常時多くの日本のテレビ映像が閲覧できる状態にある。

日本では、テレビ局が自らのサイト等で動画をネット配信するケースもあるが、
テレビ放送を補完する「おまけ映像」などにとどまり、
視聴者の欲するコンテンツとはほど遠い状況にある。

日本のテレビ局は「既得権を守る」ことに関して必死。
著作物に関しても、「最大最良のコンテンツホルダー」としての自信に満ちあふれており、
「よそ者には絶対使わせない」と鼻息荒い。

そんな「虎の子」を大放出とばかりに立ち上げられた、
日本のキー局3社による有料動画配信サイト「トレソーラ」は
収益が出ぬまま「実験」を終え、配信終了後も復活の兆しはない。
それが「無料で動画が見られるサイト」に首を縦に振るわけがない。

BBCのように、このインフラを使って視聴者と交流しようとか、
ビジネスチャンスにしよう…という気はさらさらなく、
「オレらが作った創造物はオレらのものだ、勝手に使うな貧乏人どもが」と
日本のテレビ局はお山の大将をつづける。

結局こういう動画利用を認めてしまうと、収益構造がひっくり返る恐れもあると指摘する向きもある。
テレビ局、とくにキー局クラスはジャブジャブと金の入る構造だということは、
「脂肪の錬金術師」ホリエモンや
「あるある大事典」が奇しくも暴露してくれたわけだが、
襟を正そうという機運は高まらない。無料動画配信などもってのほか、か。

仮に動画投稿サイトを日本で活用するにしても、
出演者の「肖像権」、音楽の「著作権」など
クリアしなければならない問題は多いが、
こういうインフラが出ることを想定していないいまの法制度を、
日本のテレビ局は変えようと努力はしないだろう
(テレビ局自らの動画配信に関しては、
いくらか前進はしているという報道も目にしているが)。

何が視聴者のためになるのか。
北朝鮮みたいに「禁止する」「制限する」だけでは、不幸しか生まれないことを
日本のテレビ局、よく考えて欲しい。

|

« ITもほどほどに | トップページ | ドーナツを待つ間に »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/14117777

この記事へのトラックバック一覧です: BBCとYOUTUBE、そして日本のテレビ局は:

» 英BBC、ユーチューブに番組提供 [ニュースブログ]
英BBC放送が動画投稿サイトのユーチューブ(YouTube)にニュース番組や娯楽番組を提供することで合意したようです。ユーチューブ(YouTube)のページに広告を掲載したり広告付き番組を配信することで収入を得るようです。... [続きを読む]

受信: 2007.03.06 19:50

« ITもほどほどに | トップページ | ドーナツを待つ間に »