« アナウンサー募集中 | トップページ | マニュアル車 »

今を殺すか、昔を殺すか

盛岡にある、県公会堂とか、バスセンター、旧県立図書館などの
「古めかしい建造物」に対してはあまりいい印象がない。

そもそもが機能不全(図書館に至っては単なる廃屋)であり、時代に合っていない。
「昔懐かしい感じだから」ありがたがっている人たちもいるが、
もっと便利に、もっと使いやすい施設だったらいいのに、といつも思うのだ。

それと、なかなか気づかれにくいけれど、
これらの古い施設は段差が多く、高齢者や身障者には使いにくかったりする。

ほかにも、映画館通りや(店としての)茣蓙九、旧地名復刻運動など、
「昔ながらの盛岡を守ろう」という機運、運動はあるが、
これらに大きく心を動かされはしない。

昔を守れば、今は殺されるからだ。

当然、これらの保護運動は全く逆で、
「今を守るために昔を殺していいのか」という考えに立脚しているものである。
失われた歴史は戻らない。しかし、豊かな未来のためには捨てるものもあるんじゃないのか。

残すのはいいけど、有効に使われているか考えてみて欲しい。
たとえば、県公会堂なんて今や「使えない建物」でしかないのだ。
老朽化が激しすぎてメンテしても汚くしかならない。

それを、県庁の隣という超一級地に維持し続けるということについて、
「昔からあるから」「これが『もりおか』だから」は存続の理由になるのか?

今を殺すからには、「昔を守る」理由がよっぽど相当なものでなければならないと思うが、
「昔からあるからそれを守る」だけなら、存続の理由としては弱いのではないか。

粋のない人間の戯れ言とお思いかもしれませんがね…。

|

« アナウンサー募集中 | トップページ | マニュアル車 »

盛岡市」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/13352862

この記事へのトラックバック一覧です: 今を殺すか、昔を殺すか:

« アナウンサー募集中 | トップページ | マニュアル車 »