« お餅の処分市 | トップページ | 東京メトロ 副都心線 »

「8ちゃん体操」は広告ではないが…

 めんこいテレビの「あなろぐ」を見ているが、いつもいつも「中身がないなぁ」と思う。
 「ピンクのしっぽ」「空飛ぶ三輪車」もそうだったが、番組の9割が企業・お店の宣伝ばかりで、ビデオで早送りして見ると、見るところがないから早送りしたまま番組が終わってしまうのだ。

 早送りを止めるのは生のトークとか、比較的バラエティっぽい、ふじポンのコーナーくらい(これも結局は「県広報」で、いわば役所の宣伝なのだが)。

 出演者のパーソナリティを生かしたコーナーが多い「5きげんテレビ」「じゃじゃじゃTV」「楽茶間」と比べると、商品やお店の紹介をえんえん続けるだけの「あなろぐ」は「オールCM」のような番組に感じる。

 想像するに、番組審議会などでもけっこうやり玉に挙がっているのではないか(めんこいはディスクローズには消極的だから表には出さないだろうが)。

 ただ、そんな声をめんこいに届けても、おそらく聞く耳は持たないと思う。「これがウチのやり方ですから…」という答えが返ってくるだけだろう。

 「5きげん」にしても「楽茶間」にしても、CMを除いても、番組の半分くらいは宣伝なわけで、「番組中の宣伝の割合」が5割か9割かの違いなのだ。いわば裏千家か表千家かといったような、「作法の違い」なのだろう。

 岩手はしょせん都会から遠く離れた田舎だ。芸能人が来て司会をするわけでもない。腕利きの放送作家を雇えるわけでもない。岩手で報道以外のテレビ番組を作るには、「広告」「情報」というコンテンツを有効に使うしかないのだろう(報道番組でも、取材と称して広告を入れるという裏技もあるようだが)。

 ただ、それを究極に突き詰めると、「あなろぐ」のような中身の薄い番組になってしまう。それが「めんこい流」なのかもしれないが、これを続けていると、視聴者には「こんなつまらない番組流すくらいなら、東京の深夜番組をもっと増やせ」とか言われてしまいかねない。テレビ局としてのアイデンティティを問われる。

 では、「水曜どうでしょう」が岩手のテレビ局に作れるか。めんこいだろうがテレビ岩手だろうが、難しかろう。ふじポンに頑張ってもらうか? テレビ局が頑張るべきだと思うのだが、努力には限界がある。

 しかし出来る範囲で努力はしてもらいたい。宣伝もいいが、それだけに頼らない番組のほうがいい。「東京の番組の方がおもしろい」のは当たり前だけども、それに甘えてはいけないと思うのだ。

 まずは「あなろぐ」には、せめて宣伝を7割くらいに濃縮していただきたいものだ。唯一の?オリジナルコンテンツである「8ちゃん体操」も、テレビ局側の自己満足にしか見えない。

|

« お餅の処分市 | トップページ | 東京メトロ 副都心線 »

岩手県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/13687465

この記事へのトラックバック一覧です: 「8ちゃん体操」は広告ではないが…:

« お餅の処分市 | トップページ | 東京メトロ 副都心線 »