« 分別の難しさ | トップページ | テレビ局の姿勢 »

盛岡大通り

本日盛岡の大通りを歩いてみたが、
確実に小売店舗が減っていて、居酒屋が増加。
「歓楽街」化が進んでいると感じた。

薄暗くてとても入る気になれない某老舗店舗など、
「攻める」気がまるで感じられない既存店舗も多く、
役所やボランティア頼みの側面が見て取れる。
これじゃ「郊外に行った方が便利で楽しいよ」と言っているようなもので…

TVに出てはボヤいてばかりの、
「大通り代表」おヒゲハンコさんの暗い顔を見ていると
もうあきらめムードなのかな、なのと感じてしまう。

郊外の大型店から客をもぎり取るくらいの気合いを持った店もあるのだろうが、
前述の店のようにやる気のないところも多いのだろう。
それが、小売店舗の減少につながっているのであり、
このままではほんとに「単なる飲屋街」そして「シャッター通り」になるのは目に見えている。
県都・盛岡を代表するまちがそうなっていいのか。

役所がどんな法律を作ろうが、
車社会と郊外化はもう止められないのだから、それにボヤくのではなく、
「ウチは郊外とは違う」というところを見せていくべき。
中央・大手資本をいたずらに嫌ってきた歴史もあるが、
「大手を利用してやる」くらいの柔軟さがほしい。

来週オープンの「MOSSビル」が起爆剤となるか、
大いに期待したいところだ。

|

« 分別の難しさ | トップページ | テレビ局の姿勢 »

岩手県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/12900578

この記事へのトラックバック一覧です: 盛岡大通り:

« 分別の難しさ | トップページ | テレビ局の姿勢 »