« 慎太郎の「穴」 | トップページ | 紅白歌合戦ってなんなのさ »

ロッテリア

ロッテのファーストフード事業が岐路を迎えている。

既存ハンバーガー店の不調にともない、
投資ファンド「リヴァンプ」の出資を受けているロッテリアは、
新業態「バーガーキング」を手がけることとなった。

アメリカに本拠を置くバーガーキングは「再上陸」。
「ワッパー」と称する大きめのハンバーガーを主力商品とする。
西武鉄道・JTを親会社として首都圏で展開したが
マクドナルドとの戦いに敗れ、日本から撤退している。

そのバーガーキングのFC権利をロッテ・リヴァンプが取得し、
日本で再びバーガーキングを展開。100店舗のオープンをめざすという。

またロッテはもうひとつアメリカのファーストフード、
「クリスピー・クリーム・ドーナツ」(KKD)の展開も始める。
韓国でもロッテが運営しており、好調を収めているらしい。
外はサクサク、中はとろける生地が特徴。
新宿タイムズスクエア前に1号店をオープン。1時間待ちの行列が出来たそうだ。
「クリスピー」「クリーム」と名前だけでもくどそうだが、
「サンデー・ジャポン」(TBS系)で出演者陣が試食した様子を見ると、
なかなかのお味のようだ。

もはやロッテの本拠地ともいえる韓国では、日本を上回る店舗数を誇るロッテリアだが、
日本ではマクドナルドの足元にも及ばず苦戦している。
ファンドとの二人三脚で一気に2業態をスタートさせ、多角化戦略で起死回生を狙う。

Wikipediaには「岩手県と島根県にはロッテリアがない(かつては存在した)」とある。
確かに岩手にはロッテリアはない。
ただ、島根は知らないが岩手に店があったのは事実で、
10年ほど前までは盛岡駅地下に店があったのだ(確か開運橋の近くにもあった)。
マクドナルドが盛岡駅地下に店を出すのはずっと後の話なので、戦いに敗れたわけではない。
もしかしてバーガーキングで岩手へ「再上陸」するかも…。

|

« 慎太郎の「穴」 | トップページ | 紅白歌合戦ってなんなのさ »

「小売業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/13112859

この記事へのトラックバック一覧です: ロッテリア:

« 慎太郎の「穴」 | トップページ | 紅白歌合戦ってなんなのさ »