« 盛岡大通り | トップページ | 堀江氏復活 »

テレビ局の姿勢

仕事であるイベントに関与した。
テレビ局に後援依頼したところ、4局とも名義を貸してくれた。
しかし、イベント開催日に取材に来たのは
「IBC」と「テレビ岩手」で、「めんこいテレビ」「岩手朝日」は取材に来ることはなかった。

夕方のニュースを見る限り、4局は横並びに見えるが、
実際は「老舗」VS「新顔」の2グループに分かれるようだ。
幅広くきめ細かく取材するIBC、テレビ岩手と、
取材先を厳選するめんこい、岩手朝日。

真摯に番組作り、取材活動をすれば、その分お金を使うことになる。
テレビ局の信頼、人脈と、制作費の節約。
相反するこの2つについて、
テレビ局の考え方はこういう風に割れるもんなのだな、と、
実際にテレビ局の取材現場に立ち会って、実感したのである。

|

« 盛岡大通り | トップページ | 堀江氏復活 »

岩手県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/12932083

この記事へのトラックバック一覧です: テレビ局の姿勢:

« 盛岡大通り | トップページ | 堀江氏復活 »