« いまならサソリをプレゼント | トップページ | ラジオじじい »

天に召される

1ヶ月ほど前に、カンニング中島復帰と書いたが、
幕切れはあっけなかった。
青島幸男や岸田今日子といった、大物の死の報に世の中が包まれる中、
この芸人はひっそりと、しかし突然に世を去った。
来年復帰します、という知らせは相方のポーズだったようで、
末期は厳しい闘病生活を送っていたようである。

キレ芸で名を売った相方だが、
仕事を休み続ける(しかし闘っている)相方とギャラを二等分し、
自ら受け取ったギャラさえも相方の治療費に充てたという。
その甲斐もなかったのは残念だが…。

とりあえず、竹山は芸風を変える必要はないと思うが、
当面仕事のオファーも減るだろうから
(収録済みの番組は年末年始もジャンジャン放送されるだろうが)
傷ついたココロを癒し、新生・竹山としてこれからもキレつづけてほしい。
陳腐な言い回しで恐縮だが、天国の相方もそれを望んでいると思う。

|

« いまならサソリをプレゼント | トップページ | ラジオじじい »

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/13158041

この記事へのトラックバック一覧です: 天に召される:

« いまならサソリをプレゼント | トップページ | ラジオじじい »