« デンコードー、ケーズの子会社へ | トップページ | 国会議員宿舎 »

銀行ATM手数料

岩手日報で、住友信託銀行が、自行のATM振り込みの手数料を無料にすると言う記事を読んだ。

庶民には縁遠い銀行であるし、岩手とはほぼ関係のない銀行(仙台支店は岩手銀行の支店と同じビルにあるが)なので自分には一切関係ないニュースなのだが、「手数料無料」というところを注目した。

最近、銀行の手数料、とくにATM利用手数料がやり玉に挙げられている。

大手行は地方の不況もどこ吹く風、史上最高の利益を上げている状況。だのに庶民からはちまちまと100円単位で手間賃を搾り取るのはなにごとか、ということなのだ。

数年前、「土曜日のATM手数料有料化」を大手銀行が進め、地方の金融機関も追随したところがあった。新聞の「金融機関の手数料は当たり前だと思わねばならない」という識者のコメントが印象に残ったが、やはり庶民感覚からすれば、金を引き出すだけで105円を取られるというのは「なんとケチくさい」と思うのだ。

なにが腹立たしいかって、この超低金利時代に、せっせと稼いで貯めて銀行に預けたお金の金利が、日曜日にお金を一回引き出しただけでパー、と言う事実。

確かに100円ははした金だ。だが日曜日に銀行のATMを見てごらんなさい。時間帯によっては列をなしている。銀行はあの人達から100円ずつ搾り取っているのだ。ATMなんて地方銀行でも数百は存在するはず。1年間でATMで徴収される手数料って、一体いくらになるんだろうか。

…いや、庶民にしては巨額でも、大もうけしていると言われる銀行にしてみればたいした金額ではないはずだ。それを「顧客サービス」してみるくらいの気概がある銀行。お客さんは飛びつくと思う。

さすがに「もうけてるくせに」と言われるのを気にしてか、住友信託同様、コンビニATM手数料の引き下げを検討している大手行もある。この腰の軽さには「いやらしさ」すら感じるが、いやいや、素直に受け取ろう。

がめつい某ガリバー地銀も学んで欲しいもんだ。

|

« デンコードー、ケーズの子会社へ | トップページ | 国会議員宿舎 »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/12969075

この記事へのトラックバック一覧です: 銀行ATM手数料:

« デンコードー、ケーズの子会社へ | トップページ | 国会議員宿舎 »