« 慎太郎の「大尽旅行」 | トップページ | SANKEI EXPRESS »

セブンイレブンの北上計画

北上、「ほくじょう」と読み、「きたかみ」とも読む。

セブンイレブンが今月下旬、北上市でオーナー説明会を開くそうだ。
来年に奥州市、遠野市あたりまでエリアを広げるという話もネット上で聞く。
一関市(宮城エリア扱い)どまりだったセブンが、
いよいよ岩手県を本格的に営業エリアにしていくようだ。

セブンが無視してきた岩手にファミリーマートがどんどん浸透していったのを見て、
ほっとけないと思ったのだろう。
もちろん、青森や秋田も間違いなく視野にある。

セブンと言えば、ひとつの地域に集中して出店するという
徹底したドミナント(エリア独占)戦略があり、
人口密度が低く面積の広い東北は「出店するに値しない」地域だったはず。
それが、山形県では怒濤の出店ラッシュを行い快進撃を見せ、
いまでは「セブンイレブンの豪腕」を示す一例とされている。

今回の説明会は北上市だが、盛岡に来るのも時間の問題かもしれない。
あるいは一足飛びで青森進出なんてこともなくはないだろう。

店舗ゼロからあっという間に
地域を「セブンイレブンだらけ」にする力をこの会社は持っている。

|

« 慎太郎の「大尽旅行」 | トップページ | SANKEI EXPRESS »

「小売業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/12646630

この記事へのトラックバック一覧です: セブンイレブンの北上計画:

« 慎太郎の「大尽旅行」 | トップページ | SANKEI EXPRESS »