« お店の「魅力」 | トップページ | IBC社員の「買春」 »

レコードとMD

レコードがまた静かな脚光を浴びているという。

ウチはそれほど裕福な家でもなかったので、
ステレオもレコードプレーヤーもなかった。

カセットはあったから、音楽に困ることはなかった。
で、レコードを知らずに、CDを触ることとなる。

だから、「このアナログのノイズがいいんだよ」といわれても、
ピンとこないのである。

年代的には「レコードを知ってる世代」なのだが、
レコードをかけるやり方は、恥ずかしながら知らない。

DCCなどというカセットの親玉みたいなのを持ってる奴も身近にはいたが、
そっちはすたれ、MDが普及しはじめていった。

しかし「ソニーアレルギー」もあって、MDを使うことはなかった。
これまた恥ずかしいことに、MDも使い方をよく知らない。

MDメディア自体はさわったことはあるが、
デッキがないから操作のしかたを覚えようがないのだ。

で、CDからMDを素通りし、iPodの便利さを思い知らされることになる。
MDよりも便利なことは明らかだから、今後MDの操作を学ぶことはないだろう。

レコードの魅力、MDの魅力は認める。ただ、触る機会がなかった。
単純に頑固なだけなのかもしれんが。

|

« お店の「魅力」 | トップページ | IBC社員の「買春」 »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/12636089

この記事へのトラックバック一覧です: レコードとMD:

« お店の「魅力」 | トップページ | IBC社員の「買春」 »