« 盛岡の鶴が池に死んだ魚浮く | トップページ | 子供のことを考えよう »

梨元勝、ネットテレビに本格進出

芸能レポーターの草分け、梨元勝氏が11月から、
ネットテレビでの芸能ニュース配信を手がけるとのこと。

梨元氏はネットには早くから着目しており、
有料制ホームページ、メルマガ、動画配信などを運営している。
このたび、ネットテレビの優等生「GYAO」で芸能ワイドショーを立ち上げるそうだ。

梨元氏は「KAT-TUNの赤西がなぜ休養したか、テレビは自主規制で伝えない」と、
制約のないネットテレビへの抱負を語る。

ジャニーズ関連のスキャンダルは聖域であり、
かつてはSMAPの稲垣吾郎が交通違反を起こしたあげく
女性警官に車をぶつけてトンズラぶっこいた
いわゆる「稲垣メンバー事件」で、
テレビ朝日のレギュラー番組が報道姿勢に及び腰なことに腹を立て、
出演をボイコットするという行為に打って出たこともある。

テレビ局と、ジャニーズとは持ちつ持たれつ。
いや、ジャニーズはそれ以上の「圧力」「脅し」をかけてくるわけで、
及び腰になるのもしかたがない。
その点、ネットでは誰に遠慮することもない、ということか。
(GYAOはジャニーズと何のよすがもないし、今後も縁はないだろう)

とはいえ梨元氏といえど、暗部に手を入れて
かきまわすような激しい取材、報道はできないだろう。
その当たりの「線引き」をどうするか、お手並み拝見である。

梨元氏がネットへ期待するもう一つの理由としては、
「ワイドショーのニュース化」も挙げられる。

「小泉劇場」「ニッポン放送買収問題」など、
政治・経済ニュースがドロドロした下世話さをもって伝えられるようになり、
芸能ニュースは二の次になってしまった。
梨元氏は憤慨してテレ朝を出たのに、TBSも同じ穴のむじな。

GYAOはオンデマンドでいつでも好きなものが見られるネットテレビ。
地上波のように「芸能ニュースが見たいのに、画面は金正日のタヌキ面ばかり」ということもない。

新しい場所で、作りたい番組を作る――
梨元氏の理想は結実するか。

(追記 11/17)
11月10日開始とのことだったが、17日現在も公開はされていない。
GYAOではなく、姉妹有料サイト「ShowTime」では
梨元氏による萩原健一へのインタビューが放送中だが…
土壇場でつぶされたとか言わないでくださいよ。

(追記2 11/24)
スポーツ報知によると、萩原健一インタビューは梨元氏のワイドショー用の素材、
ということになっているが、ShowTime上での細切れ公開にとどまっている。
本体であるGYAOを目を皿のようにして見たが、梨元のなの字もない。
ほんとにやる気はあるのだろうか。(個人的にはとても楽しみなのだが…)

|

« 盛岡の鶴が池に死んだ魚浮く | トップページ | 子供のことを考えよう »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/12470689

この記事へのトラックバック一覧です: 梨元勝、ネットテレビに本格進出:

« 盛岡の鶴が池に死んだ魚浮く | トップページ | 子供のことを考えよう »