« 意外? 当然? | トップページ | 勉強 »

岩手競馬について

ギャンブルごとは一切やらないクチだが、
テレビではお馬さんが走る姿をよく見てきた。

景気が良かったころの岩手競馬はほんとうに華々しかった。
北の地に岩手競馬あり、という勢いだった。

その岩手競馬がいま大変だと言うことは重々知っている。
今後も決して見通しは明るくないことも。

マスコミ(特に某新聞)はここぞとばかりに、
マイナスのニュースを続々と取り上げ、岩手競馬のイメージダウンに貢献している。

どちらに誘導したいのか、マスコミたちの思惑は分からないが、
1年後に「それみたことか」と言いたいのでは、と勘ぐりたくもなる。

岩手競馬を取りまく環境が大きく激変し、
栄華を放ったころの岩手競馬は見る影もない。

今の世の中、別に岩手の競馬じゃなくても競馬は楽しめるし、
夢とロマンとお小遣いなら、いまやパチンコでもできる。

そして先日、赤字になったら競馬をやめます、とお偉いさん方が決めたそうだ。
ただ個人的には「そんなにスパッとやめられるものかな」、と思っている。

雇用の問題。債務の問題。残された競馬場の問題。
やめるにしても障壁はあまりに大きい。

「その障壁を乗り越えて明日がある」から競馬をやめるのか、
「明日がなくなるヒトと借金」のために競馬を続けるか。

競馬を知らない学識経験者に任せてなるものか、と、
ファンも立ち上がり、経済的側面からアプローチしている有志もいる

「土曜開催の原則中止」「賞金の維持」「当たりやすい馬券のPR」など
素人でもわかりやすい形で示されている。学識経験者ならなおさらだろう。

これを即実践すればオールハッピー、というわけでもないだろうから
岩手競馬側に意見が届いても「耳に入れておきます」程度なのだろうけれど。

廃止が相次ぐ地方競馬。「岩手もやめたほうがいい」と考えている人々も多く、
マスコミも限りなくそれに乗ろうとしている。

そんな岩手競馬を救おうと本気で考えている人々がいる、というだけでも心温まる。
後ろ向きの世の中で、前向きな人々もいるのだ。うれしいじゃないか。

|

« 意外? 当然? | トップページ | 勉強 »

岩手県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/11947512

この記事へのトラックバック一覧です: 岩手競馬について:

« 意外? 当然? | トップページ | 勉強 »