« 君は1年間休めるか | トップページ | 秘密のケンミンSHOW »

刑事マガジン+1

 家の本棚をひっくり返し、出てきた「刑事マガジン」3冊を読み返したのがおととい。今年は出てないのかな…なんて思っていたら、出ていた。「刑事マガジン+1」というタイトルで。

 今回は「犬神家の一族」も取り上げているため、刑事のほかに『探偵もあるでよ」という意味で「+1」と銘打たれている。

 表紙は、「スケバン刑事」松浦亜弥。中身も考えずに表紙買いする人が続出すると踏んだか。この本全体では、30代以上限定の加齢臭の世界が待っているというのに…。

 竹内力アニキや、旧作メンバーでもある長門裕之(俺的には蒲生警視)のインタビューが読み応え。巻末には南野陽子も登場。

 続いて登場するは「+1」探偵の「犬神家の一族」。老骨にむち打つのは、市川崑ではなく石坂浩二である。我らが大野雄二御大のテーマ曲は今回も健在(公式サイトによれば音楽は谷川賢作)。

 今回満を持して「ケータイ刑事銭形雷」を取り上げている。現在セカンドシーズンを放送中だが、「トミー」国広富之が出ていたファーストシーズンは全て録画(1回だけ失敗)した。

さらには、ファンも多い「相棒」も特集アリ。そして「本ワルおやじ三人衆」小沢仁志、竹内力(本誌2回目の登場)、哀川翔のインタビュー3連発。サムライ兼刑事の藤岡弘、インタビュー、そして『全てを脱いだ悪役』西田健も語る語る。

 「特捜最前線」DVD化記者会見の記事も特捜っ子には嬉しい(ファン投票なんて、俺聞いてねぇぞ!とほぞを噛んでもはじまらん)。キャストの老けっぷり(とくに荒木しげると夏夕介)もさることながら、「巨匠」長坂秀佳のご本尊もはじめて拝むことが出来た。特捜で死んだ二人、荒木しげる(爆死)+誠直也(銃殺)の同い年対談もGoodだ。

 そのほか「骨盤体操」川津祐介、「オノデン殿下」小野寺昭インタビューでは「時代劇オババ」ペリー荻野がその刑事魂トークを見事に引き出している。

 しかし今回なにより衝撃を受けたのは、「ケータイ刑事」の草刈正雄インタビューの直後に映画「ヅラ刑事」の特集が載っていたこと。…編集者の巧みないた「づら」に、感銘を受けた次第だ。

|

« 君は1年間休めるか | トップページ | 秘密のケンミンSHOW »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/11998325

この記事へのトラックバック一覧です: 刑事マガジン+1:

» 刑事マガジン+1 [のんびりまったりおばばな毎日]
セブンイレブンで受け取ると送料無料のサービスを 使ってはじめて注文してみました。 雑誌ですが刑事マガジン+1 いやマニアの血が騒ぐ一冊です{/ee_3/} 相棒好き、杉下右京好きな私にはたまらないです これを読んで放送を心待ちにしなくては・・・{/hearts_pink/} 貸してほしい人は連絡下さい(笑) 刑事マガジン+1辰巳出版このアイテムの詳細を見�... [続きを読む]

受信: 2006.09.22 23:36

» 「刑事マガジン」+1 [殿下が好き。]
小野寺さんのインタビューがあるというので購入しました(^^) 「太陽」関係は小野 [続きを読む]

受信: 2006.09.23 01:41

« 君は1年間休めるか | トップページ | 秘密のケンミンSHOW »