« 達人がいない | トップページ | さらば! パソコン通信 »

ネット文鎮

オンラインゲーム上の「通貨」を不正に取得し、
現金で売りさばいてボロ儲けしたゲーム業者の元社員が逮捕された(毎日新聞)。

ゲーム上の通貨は実際にカネでやりとりされる
(これをRMT・リアルマネートレードというそうだ)のだそうで、
この逮捕された社員は、地位を利用しタダで通貨を取得。

現金化される際は、こういう業者が仲立ちしているようだ。

金儲けだけを目的に、ゲームに参加するふりをして
通貨を手に入れる行為を繰り返す者もいるという。

オンラインゲームはすでに「金儲け」のための道具になりつつある。
パチンコ屋でいえば「文鎮」のようなものか。
今回逮捕された社員は、パチンコ屋の店員がバックルームで
文鎮を不正に手に入れて、換金所でカネに換えたといったところ。

まあパチンコ業界の場合、数十年の歴史の中で、
警察やら「かの国」やら、いろんなものが絡まってきて
独特の文化を構築しているわけで、一概に比較はできないが、
オンラインゲームのリアルトレードも「文化」になっちゃうのだろうし、
今回のような犯罪も「文化の醸成」の過程で当然発生する「カス」のようなものなのだろう。

|

« 達人がいない | トップページ | さらば! パソコン通信 »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/11030274

この記事へのトラックバック一覧です: ネット文鎮:

« 達人がいない | トップページ | さらば! パソコン通信 »