« あせりますなぁ | トップページ | シティ青山 »

いわてデジタル事始め2

7月1日、岩手県の地上デジタル放送がまた一歩前進。

IBC岩手放送がようやく新マスター稼働。
みのもんたのサタデーずばッと」より、
既存のアナログ電波のサイマル(同時)放送を開始した。
(ちなみにアナログでは時刻表示が変更された。岩手めんこいテレビと同機種と思われる)

同時に岩手めんこいテレビも本日からサイマル放送に移行(マスターは移行済み)。
これで民放4局はすべてアナログとサイマル体制となった。

いずれも9月までは試験放送となるため、
画面には「試験」を示す透かし表示が入る。

6月には試験を開始したテレビ岩手も、
本日より日本テレビから送られるネット番組をHD(ハイビジョン)化した。
(IBCとめんこいは本日よりネット番組はHD放送)
岩手朝日テレビはすでにサイマル放送、HD放送も実施している。

データ放送は岩手朝日以外が実施。いずれもニュース、天気予報が中心。
操作した印象では、めんこいが充実していて反応も早い。
IBCは番組宣伝のコンテンツが多すぎて反応が遅く、
インターフェイスもわかりづらく、「使えない」と思った。

岩手朝日は放送はとくに変わりないが、
その代わり、開局10周年を記念したイメージキャラクター「ゴエティー」をお披露目。
岩手日報で告知しているほか、ローカル番組「楽茶間」で着ぐるみが画面に登場。
ゴエティーは全身ブルーの謎の生き物。ホームページでも見られるのでご確認を。
なまえはデジタル5チャンネルと略称「IAT」が由来。

|

« あせりますなぁ | トップページ | シティ青山 »

岩手県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/10746829

この記事へのトラックバック一覧です: いわてデジタル事始め2:

» 『地デジ』には巨大なビジネスが眠っている! [サルでもわかる“ネットビジネス”]
昨日の7月1日は、私が住んでいる青森県の民放3局で『地上デジタル放送』がスタートしました(放送エリアは津軽・青森市・下北地区から開始。順次エリア拡大。八戸市・十和田・三沢地区は2007年7月放送開始)。この地上デジタル放送はテレビが高音質・高音質になる...... [続きを読む]

受信: 2006.07.02 11:57

« あせりますなぁ | トップページ | シティ青山 »