« テロップからデジタル放送を考える | トップページ | ナイトスクープが岩手に来た »

ふじポン

とうとう公式サイトまで作ってしまったか…
http://fujipon.info/
おそらく岩手では初の「フリータレント」ということになるのだろう。
盛岡(噂では某駅ビル)でのバイト時代(←ネットでのガセでした(_ _))
千葉で保育士の勉強をしていた頃にめんこいテレビのローカル番組に出演し、
そこで目をつけられて、今も続く「Elephant Memory」の進行役に抜擢。
現在はめんこいテレビ以外でもテレビ・ラジオ・CMで活躍しているのは説明することもないだろう。

売れはしなかったようだがCDも出すなどお歌も歌うようだし、
性格的にも表裏がなく素もあの通りで評判もいいらしい
(プライベートではムスッとしているアナウンサーやレポーターはいくらでもいるのだ)。

岩手のローカルタレントと言えば
「畑中美耶子」(元IBCアナ、アナ派遣会社代表、盛岡弁方言指導の第一人者)
「愛子おばちゃん」(本業は民謡歌手)
バリさん」(盛岡の中堅理美容店オーナー、イベントプロデューサー)など
田舎臭いオババかオヤジしかいなかったわけだが、
そこに新風をふき込んだのがふじポンだった。

最近ではIBCから「千葉星子」が出てきたほか、
競馬番組でおなじみ「小笠原佐弥」(東京活動も開始中)、
仙台からの刺客、テレビ岩手の「きぬ」や
岩手朝日の「小山羊右」(こっちは痛風持ちの男だが)と競争相手も増えているし、
売れれば売れるほどに巨大掲示板群やブログから誹謗中傷のリスクもあるが
重圧に負けずがんばってもらいたいものだ。
(ちなみにふじポン自身のブログもある)

年齢は公表されていないがまちがいなく20代後半。
…ということで、近いうちには結婚もするのだろうが(相手がいればの話だが)
ふじポンの芸名は本名の「藤井」から取っているので、
たとえば「味川さん」と結婚すれば「あじポン」になるのかな、
「丹野さん」なら「たんポン」で下ネタじゃねぇか、
「高井さん」と結婚すれば「たかポン」でこれじゃ某被告と一緒だわな、とか
変な心配をしつつ(とゆうか結婚しても芸名変わらんだろ)、
これからも「地タレ」(本人談)としてがんばってもらいたいと思う。

|

« テロップからデジタル放送を考える | トップページ | ナイトスクープが岩手に来た »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/9913014

この記事へのトラックバック一覧です: ふじポン:

« テロップからデジタル放送を考える | トップページ | ナイトスクープが岩手に来た »