« 大谷昭宏 | トップページ | 土曜の朝 »

ユニクロのポイントカード

ユニクロのポイントカードをまだ持っている。
2000円で1点、30点ためると5000円分の買い物券になるというものだが、
2002年で発行は中止されている。

しかし発行中止してから3年半、
いまでもポイントは貯められる。
各店舗に少なくとも1個は端末が確保されているのだ。
ポイントカード発行が中止されてから開店した店でも端末はある。

ポイントカード中止の原因は「無期限」だったことらしい。
確かに一般的なポイントカードは期限が区切られていたりする。
期限がないため際限なく発行しなければならず、
期限切れによる失効も基本的になく、
満点ポイントカードの5000円が出ていくリスクを抱え続ける。

発行中止したら1年間ほど経過措置を経て、
その時点でたまったポイントに応じて精算したりしてもよさそうなものだが、
3年半もシステムを継続しているというから、いやはやキッチリしている。

ユニクロがポイントカードシステムを続ける理由も
「無期限」とポイントカードに書いてしまったことなのだそうだが、
「無期懲役」と同じで、突然期限を設けたりしても間違いはないように思うが…

|

« 大谷昭宏 | トップページ | 土曜の朝 »

「小売業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/10029286

この記事へのトラックバック一覧です: ユニクロのポイントカード:

« 大谷昭宏 | トップページ | 土曜の朝 »