« チョコレート | トップページ | 若者が逮捕されるとき »

岩手からダイエーが消えた

本日、盛岡市みたけの「ダイエーシティ青山」が「シティ青山」となった。
ダイエーとの提携が打ち切られたため、
FC店として運営してきたシティ商事が、
単独でスーパーを切り盛りすることとなったのだ。
これで、岩手県からダイエーの店舗は完全に消滅した。

今朝はチラシも配布された。
ただ、新しいロゴマークは確かに掲載されていたが、
あとはいつもの「ダイエー調」だった。

そんなシティ青山にきょう行ってみたが、
チラシ同様、一部を除いていつもと代わりはなかった。っていうかダイエー。(笑)
看板なども急に変えられるわけもなく
屋上にはこうこうと「上弦の月」が浮かび上がり、
旧ダイエーの書体による「シティ青山」のロゴは店内にも至る所に残っていた。

ただしポイントカードが変更される旨の告知はされており、
サービスカウンター脇では早くも新カードに交換できるようになっている。

4月以降は食品売り場でしか使用できないらしいが、
3月いっぱいは現行通り、衣類売り場等でも使用はできるようだ。
ここから想像するに、ダイエーから完全に独立したスーパーとなるのは
4月となるのだろう。3月いっぱいは「経過措置」として
ダイエーの色を残したままになるものと思われる。

シティ青山

その証拠に、食品売り場でも「SAVINGS」(ダイエーPB)の商品は
撤去されておらず、ダイエーの提携をはずれたにもかかわらず
きょうもSAVINGS銘柄の商品は置かれていた。
ただ、一部はすでに終売になっている上、
ダイエー時代には許されなかった「値引き」がされており、
おそらく在庫を売り切ったところでお別れ、なのだろう。

食品フロアには真新しい東芝テック製のレジが使用されていた。
今までと違い、「現金用レジ」と「カード兼用レジ」に分かれていた。
OMCカウンターが新設されていることから、
おそらく4月以降もOMCは使用できるのだろう。
(そういう意味ではまだまだダイエーとの縁は残る)

改装は6月までかかるという。
約3ヶ月間でシティ青山は生まれ変わる。
予想していた超大型テナントが入らなかったことは残念だが、
岩手から消えたダイエーの代わりに、
新しい地元系スーパーとしてがんばってほしいものだ。

(追記)3/4
きょうポイントカードを新しいものと交換した。
渡された会員規約には「オーエムシーカード」の名があった。
POSレジやポイントカードシステムはOMCのものを使用しているようだ。
そういえば以前のポイントカードも「ダイエー式」(=OMC)だったし。

|

« チョコレート | トップページ | 若者が逮捕されるとき »

「小売業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/8901871

この記事へのトラックバック一覧です: 岩手からダイエーが消えた:

« チョコレート | トップページ | 若者が逮捕されるとき »