« 優秀なブログ業者は | トップページ | キリン NUDA »

どうなる盛岡のダイエー店舗

盛岡市内にあった旧ダイエーの話。
大通りにあった直営店と、青山のFC「シティ青山」。
どちらもダイエー撤退後の予定がまったくわからない状況。

盛岡タイムスによれば、大通り店については建物を所有する「岩手自動車販売」が
入居者を選定中であり、先月末には決定する見込みだったが
まだ決まっていないらしい。

シティ青山は現在も営業中だが、2月末でのダイエー撤退は決定済みで、
先日は一足早く薬売り場「ダイエー薬店」が終売したほか、
メガネ店のテナントも閉店。
5階は「パブロ」が中華料理店「壱番亭」と統合したが、
1階のハンバーグレストラン跡地に新たに「パブロカザルス」を出店とのこと
(23時まで営業という力の入れようだ)。
しかし、肝心のスーパーがどうなるかは全く分からない状況。

境遇は違うが、大通り、シティ青山ともに
いずれも「大型店舗」として継続することは決まっている。

道は3つ。
A、まったく新しい大型テナントを入れ、ビル全体で運営させる
B、部門別(食品、衣類…)に個別のテナントを入れ複合店舗とする
C、ビルの持ち主自体が食品、衣類含め一体的にGMSを運営する

Aの線でみれば、たとえばビッグネームでは
「イトーヨーカドー」「西友」「長崎屋」くらいしか思いつかないが、
これら大型チェーンにとって大通りの店舗がおいしいとは思いにくいし、
青山については営業主体が「国際興業」の子会社であることから、
フランチャイズでも運営できるのかどうか不明。

そもそもシティ青山については、「ダイエー」をはずして
「シティ青山」として運営していくというこれまた盛岡タイムスの報道もある。
現在でもシティは食品に関しては一部で独自仕入れをしているとかで、
自分で商売をするのも不可能ではない(衣類、雑貨はむずかしいようだが)。
これを見る限り、シティはCに近いような気もする。

地元スーパー、たとえばジョイスやマルイチ、
もしくはマルカンやユニバースといった市外、県外の
中小チェーンが食品だけ、あるいは食品・衣類を担当し、
(ちなみにマイヤは大型案件をかかえているから無理)
雑貨、化粧品等も中小店に担当させる、
Bのパターンはとくに大通りで濃厚だ。

ちょっと難しいかもしれないが、ワンフロアを100円ショップや
ドラッグストア、衣類・家電等のカテゴリキラーに入居させる案もアリだろう。
たとえばダイソー、セリア、キャンドゥ、ツルハ、マツキヨ、ダルマ薬局。
衣類カテゴリキラーで言えばしまむら、ユニクロ。
(しまむらは青山に店を建てているので×か?)
家電ならケーズ、デンコードー、ヤマダ電機。
テナント入居だとベスト電器のほうが得意だったりするが。

もうここまでくると何を言ってもシロートの妄想でしかないのだなぁ。

|

« 優秀なブログ業者は | トップページ | キリン NUDA »

「小売業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/8759302

この記事へのトラックバック一覧です: どうなる盛岡のダイエー店舗:

« 優秀なブログ業者は | トップページ | キリン NUDA »