« ビックリの組み合わせ | トップページ | ホストモン »

岩手朝日テレビ、CM放送実績を改ざん

asahi.comで、岩手朝日テレビ(IAT)が、CMを実際よりも多く放送したという報告書を広告主に提出していたという不正行為が報道されている。しかし、どうもよく分からないニュースでもある。

よく分からないこと1 何をごまかしたのか
「180万円分のCM」しか流していないのに、「220万円分のCM」を流したと報告したというのは「ごまかし」だというのは分かる。しかし、「浮いた40万円」は着服したわけでもなく、「同じ広告主のCM」を流した、という。広告主からは「別のCMを流す費用を工面してほしいと依頼された」と言われてこの行為に及んだと言うが、素人目にはこれのどこが悪いのか、文字面だけではよく分からない。まあ不正には違いのだろうが…。ちなみに不正には秋田の広告会社「アド東北」もかんでいるという。

よく分からないこと2 なぜ今なのか
事件が起こったのは97年末、実に8年以上も前の話。それをなぜ今になって蒸し返すのか。折しもIATはことし、開局10周年である。そんな記念すべき年に、8年も前の話がなぜ出てくるのか。
開局当時でバブルもとうに過ぎた時期であり、苦しかったであろうことは推察できる。だからって不正をやっていいとは言えないが。開局したての会社で、コンプライアンスに甘いところがあったのかもしれない。
それにしてもなぜ今この話が出てきたのか。

よく分からないこと3 なぜ朝日新聞が?
現段階(夜9時50分)でこのニュースをWEBで目立つように報じているのは朝日新聞のasahi.comのみ。毎日、読売、日経、産経では見つからなかった。岩手朝日テレビに出資し、その社名にもなっている「朝日」だけがなぜ身内ともえいる放送局の不祥事を大きく報じるのか。
県内では、テレビ岩手めんこいテレビのWEBではニュースが掲載されていたが、IBC岩手日報には掲載されていない。(ちなみにIAT自身のWEBサイトにはニュースはおろかお詫びコメントすら掲載がない)

「CM飛ばし」では日テレ系の静岡第一テレビ福岡放送が系列を一時除名されたこともある。今回の場合、飛ばしたわけではなく広告主のCMは放送している。しかも時間が経過していることもあり、(系列除名など)きびしい処分が下されるかどうかは不明だ。

(追記)翌日、IATホームページにはおわびコメントが掲載されたが、相手もある話のためか淡々とした文面。
従前より拝読していたブログを運営する業界関係者が直接電話取材され、その背景や経過が掲載されている。発端は自動車ディーラーの「悪巧み」だった様子。ただ、9年前の事件を民放連にチクった人物(と理由)については未だ不明。

|

« ビックリの組み合わせ | トップページ | ホストモン »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/8678314

この記事へのトラックバック一覧です: 岩手朝日テレビ、CM放送実績を改ざん:

« ビックリの組み合わせ | トップページ | ホストモン »