« 雪! | トップページ | 休みがない! »

盛岡と大手資本

 盛岡タイムスが、盛岡の大型店興亡史を紹介している。パルコが進出しようとした話は有名であるが、過去にはイトーヨーカドー、長崎屋、西友も出店を計画したという。このうち長崎屋に関しては地元側が完全に「追い出した」とか。

 秋田市の中心市街地のすたれっぷりは見るも無惨である。盛岡があそこまでいかなかったのは、地元商業者が良くも悪くも力を持っていたからである。

 しかしそれで盛岡が大成功を収めたかどうか。怪しいと言わざるを得ない。大手資本をどんどん追い出した張本人・藤原氏のインタビューを読むに、快心と後悔が入り交じった複雑な心情が見て取れる。

 圧力を押し切って、実際に進出までこぎつけた大手はニチイ(サティ)、ダイエー、そしてイオンであった。果たして、イオンが首根っこをつかみ、ダイエーは昨年幕を閉じ、サティも今年、店を閉める。

 中心市街地のダイエー、郊外のサティ。境遇は違うが、いずれも開店時は一時代を築いた店だ。しかし、イオンの強大な力の前には、あまりにも無力であった。ニチイ・ダイエー以外はなんとかはねのけた地元商業者も、イオンは、イオンは、と力なく遠吠えをするばかりだ。

 すべてはタラレバだが、もしニチイが進出を断念していたら。西友が店を出していたら。パルコが駅前にあったなら。盛岡はどうなっていただろうと思うと、興味深い。中心市街地がもっと豊かな街になっていたか、それとも、秋田のように郊外化が強烈に進んだか。

 先の年表では、東北を含む地元系も大型店を出してきた歴史が分かる。カワトク、中三(青森)、シティ青山をはじめ、光ビル、ニットー、エンドーチェーン(仙台)などなつかしい名前も見られる。エンドーチェーンのフェードアウトは記憶に新しいし、光ビルとニットーは現存するが、その縮小の歴史は紹介するまでもない。

 もはや地元の業者が結束すれば生きていけるような時代ではないように思う。中心市街地が中小零細同士でふんばれる時代でもないだろう。

 たとえば、大通佐々木電気がどれほどがんばっても、HMVが大通に店を出せばひとたまりもない。だが、HMVがいまの大通に店を出してくれるかどうか。非常に怪しい。そんな状況を、盛岡は作り出してしまったのだ。盛岡は良くも悪くもそういう街であり続けた。

 大手資本でさえ競争する時代だ。盛岡を去るダイエーもサティも負け組。去るに去れない大通は何組だろう。まだ勝ち組だとは、よもや思っていないだろうが。

|

« 雪! | トップページ | 休みがない! »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/8027314

この記事へのトラックバック一覧です: 盛岡と大手資本:

« 雪! | トップページ | 休みがない! »