« ちょいワルおやじがやってきた | トップページ | 350万人のさかなクン »

地図っておもしろい

小笠原諸島などの離島はたいがい地図帳なんかでは
枠囲みで表示されているのだが、
島の脇に堂々と明朝体で記される「東京都」という文字がなんとなく好き。
こんな島でも東京都なんだな、みたいな。

本日「風力発電用風車」と「老人ホーム」の地図記号が
小中学生への公募で決められたそうだ
風車の記号はそのもの形でわかりやすい。
老人ホームも、家の中に杖の形がある意匠で、
直感的ではないもののなんとなく理解できる。

何年か前に制定された「図書館」のマークは本を開いた形でとてもわかりやすかった。
ただ警察署とか銀行とか、いまではややわかりにくい記号もある。
工場と発電所も区別しにくいし。

「桑畑」なんて記号もあるが、我々の世代ですら
桑→おかいこさん→絹、なんて想像しにくいのだから、
いまでは実用性にとぼしい。

かと思えば、「逆さクラゲ」で親しまれた温泉マークは、
湯気の波線3本かと思いきや、もう数十年前から「直線3本」らしいし。
地図記号も変わったり変わらなかったりだ。
なんかそんなことを考えているだけでも、地図っておもしろい。

|

« ちょいワルおやじがやってきた | トップページ | 350万人のさかなクン »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

温泉マークについては何年か前は直線だったはずなのですが
今調べたらやっぱり「逆さクラゲ」でした。

投稿: たかはし | 2006.01.28 21:42

地図はいいですね。
特にネットより紙の地図はイマジネーションが働きます。
こんなところにも人が住んでるとか、
直線で結べばこんなに近いとか、
昔の人もこの道を通ったのだろうかとか、

頭の中で旅ができます。

しかし温泉マークが直線だったとは・・・
驚きでした。

投稿: 傷だらけの天使 | 2006.01.26 20:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/8340208

この記事へのトラックバック一覧です: 地図っておもしろい:

« ちょいワルおやじがやってきた | トップページ | 350万人のさかなクン »