« ライブドアニュース | トップページ | あの人は »

初めてのぞいたライブドアポータル

消滅の危機、というわけではじめてライブドアのホームページ(ポータル)を見てみた。
http://www.livedoor.com/

フジドア騒動のときに「Yahoo!そっくり」と聞いていたが、なるほどデザインはよく似ている。区別がつかないというほどではないが、レイアウトはYahoo!を踏襲した感じだ。ま、Yahoo!がそれだけ完成されているということか。

ポータル系必須のアカウントサービスがあるため、「ようこそゲストさん」とYahoo!の各サービスと同じように挨拶をされる。ほう、ポイントもあるのね。

最上部にはロゴのほか、ライブドアご自慢の「株取引」「為替取引」「SNS」「ブログ」「無線LAN」「Skype」のリンクが。(それもいつまで続くことやら)

Yahoo!そっくりの「トピックス」(最新ニュース)は7つのうち3つがライブドア、2つが東証。「元社長死体発見」も載せてある。かなり、きちっとやっているのは分かるが、痛々しいものも感じる。(ちなみにYahoo!のトピックスは7つ中ライブドア関連はたった1つだった)

「Livedoor検索注目ワード」は「雪かき詐欺」「鼻うがい」「絲山秋子」「証券取引等監視委員会」「コントレックス」。ほんとかよ、という気もする。ライブドア関連を載せないのは百歩譲っても「ヒューザー」くらいあるだろう。

「もっとLivedoorサービス」は、いかにも「なんでもあり」。「ライブドア証券」「為替」「クレジット(=粉飾の舞台、旧ロイヤル信販)」「転職」「仙台(楽天へのあてつけらしい)」「チャット」「リサイクル」「葬式(!)」「出版」「セミナー」「ユードラ」「アイドルDVD」…もともとの業務である「インターネット接続」もあった(ライブドアがプロバイダだったことを知らない人の方が多いだろう)。

ライブドアのポータルは、整理されぬままにサービス名が羅列してある。Yahoo!とgooを足すとライブドアになる感じ。ユーザーが知りたいことを提供するというより、「俺らはあれもこれもやってるんだゼ」というのをごり押しされるばかりで、見ていて疲れる(楽天Infoseekもくどいが)。悪名高いMSNのほうがよほどスッキリしている。

画面をいくらスクロールしても右側についてくる「乙部綾子のヒミツに迫る!」のアイコン。それよか粉飾決算のヒミツに迫ってくれよ、と思うばかりである。(ちなみに何のことはない、「やずやの香醋」の宣伝であった)

追記
…以前使用していた「未来検索Livedoor」が変わっていた。っていうかこりゃGoogleのパクリじゃん!

|

« ライブドアニュース | トップページ | あの人は »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

そう言えば、昔gooのサイトのコンテンツ作ってたらしいよ。

投稿: 通りすがり | 2006.01.19 16:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/8232245

この記事へのトラックバック一覧です: 初めてのぞいたライブドアポータル:

« ライブドアニュース | トップページ | あの人は »