« とことん住民力 | トップページ | ミット君のパン »

才能

マンガの古本をあれこれ紹介しているサイトを見ていて、マイナーな著者名を検索すると、中には今でも活動している漫画家も多いことがわかる(そりゃそうか)。

20年前くらいにはじめて単行本を出したある漫画家は、ホームページもちゃんと持っていて、ブログも書いている。更新もきっちりやっている。ただ、漫画家として売れてはいないようだ(^_^;

ゲームを制作したり、小説を執筆したりしているようだが、それが実になっているかといえば、やはり趣味の範囲を超えていない。

少年誌や青年誌の連載などは抱えていなくて、現在は子供向けのマンガや雑誌の挿絵などを描いて生計を立てているようである。

その漫画家は、昔の作品から最近書いたイラストまでWEB上で紹介しているのだが、見てみると20年前から画力がほとんど進歩していないのがわかる。

作風をあえてたとえれば、デビュー当時が「高橋留美子を素人の中学生がまねたような絵」で、現在は「高橋留美子を素人の大人がなぞった絵」くらい。つまり下手は下手なまま変わっていない。

漫画家といってもピンからキリまでで、一線級になるには相当の実力と経験が必要なのだ。みんながみんな江川達也みたいに大豪邸を建てられるわけじゃない(江川の場合、TVにヒゲ面で現れてエヘラエヘラ笑っている分のギャラも大きいが)。

そして夢やぶれて道をあきらめる者もいる。先ほどの古本サイトで、ペンネームを検索しても現在の活動が不明な漫画家も少なくない。

反対に、現在も大活躍し、「大御所」とも呼ばれている漫画家は、えてしてデビュー当時からめちゃくちゃ絵がうまかったりする。

漫画家はだいたい20代前半がピークと聞く。世間的には「若者」「青二才」と呼ばれる頃に、「大先生」になってしまい、あとは(うまくやりさえすれば)順風満帆の人生。豪邸だって建てられる。

しかしそのチャンスに恵まれなければそれ相応の生活が待っている。それだけ力が必要な世界なのだ。

何事もそうだが、人生には「才能」ってやつが必要なのだろう。冒頭の漫画家の絵を見ていると、ついつい自分と重ね合わせてしまう。

|

« とことん住民力 | トップページ | ミット君のパン »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/8181591

この記事へのトラックバック一覧です: 才能:

« とことん住民力 | トップページ | ミット君のパン »