« 虚業家が燃えた2005年 | トップページ | 雪! »

ブログ元年が明けて

昨年はブログ元年と言っていいだろう。
それまでの「ホームページ」から、
情報発信の主役の座を奪い取ってしまった。

HTML+FTPという、いささかややこしいシステムから脱却することができ、
パスワードとIDさえあれば(ブラウザに記憶できるから事実上不要)、
デザインに制約はあるものの、自分の空間を
WWW上に持つことができる。

SEOなどのしちめんどうで、時に金すらかかる宣伝行為も、
「トラックバック」さえあれば簡単にできる。

正直、ブログがこれほど当たるとは恥ずかしながら思わなかった。
あまりにも原始的なシステムであり、
革新的だなどとほめちぎる専門家やメディアに対し
「バカなこと言ってやがんなー」と思っていたのだ。

しかし実際は、その「原始的システム」がよかったのだ。

昨年は眞鍋かをりのブログが注目された(見たことないけど)。
歌も歌えず芝居も出来ず、それほど美人でもない。
はっきり言って商品価値のないB級タレントだった眞鍋が、
ほとんど誰もやっていなかった「ブログ」で注目され、
結果、テレビ出演も明らかに増えた。

そして、ブログってなんだろう、と思った一般人が、
「俺でもできるかも」「アタシにもできるかな」と
ブログを触り始めた。

玉石混淆、クズみたいなブログも大量発生しているが
(このブログもね^^;)、それでいいのだ。
その中からキラリと光るブログが、新しい流れを作っている。
本になったりドラマになったり。

我が国のネット上のムーブメントでは「2ちゃんねる」が有名だが、
犯罪や係争の舞台になるなど、アングラのイメージがあまりにも強い。
老若男女の社交場となった2ちゃんがすたれるとは思えないが、
おそらく今後、ネットでパブリックな情報交換をする主役は
ブログになっていくのではないだろうか。

昨年よりももっと大きな動きがありそうな気がする。

|

« 虚業家が燃えた2005年 | トップページ | 雪! »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

明けましておめどとうございます。
今年もよろしくお願いします。

アメリカでのブログの定義ともちょっと違い
一時期いわれていた「日記」とも違う

日本は日本の独自のブログ文化が育ちそうですね。
たしかにシンプルゆえHPなどより個人の考えや好みが
はっきりと出るのかもしれません。

自分はたかはしさんの鋭角なモノの見方が
好きなので今年も楽しませてもらいます。

継続が一番といわれるブログですがお互い楽しみながら
マイペーズで更新していきましょう。

投稿: 傷だらけの天使 | 2006.01.02 22:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/7949883

この記事へのトラックバック一覧です: ブログ元年が明けて:

« 虚業家が燃えた2005年 | トップページ | 雪! »