« 可哀相な子たち | トップページ | ビフォーアフター終了に想う »

子供がかわいそうだ

東大和市の保育園で、のどの難病を持つ子供が保育園に入園を断られた、
として親が裁判を起こし、このほど裁判所は入園を認めるよう判決を出したという。

この子供は、「1時間に1回のどにつまった痰を吸引すれば」あとはふつうの子供と変わらない、という。

「変わらない」、か?

テレビでのどにチューブを差し込む吸引作業のようすを見た。
これを数時間に1回しなければならない。
それをするのは保育士。負担はおそらく大きい。
たとえば駆けっこなど、遊びの中でも激しい運動を伴うものなどは
やりにくくなるかもしれないし。

ほかの子には奇異の目で見られ、最悪の場合いじめられたりする可能性もある。
この子の親は、「うちの子はふつうの子と一緒に学ばせたい」とか
「お友達にとっても、こういう障碍をかかえた子と一緒に生活することで云々」
ということを考えているのだろうが、保育士への負担もあるし、
それ以上に子供自身への重圧が大きくなりはしないか。
「苦難を乗り越えてこそ、うちの子は…」というのは、親のエゴでもあることを忘れてはいけない。

報道陣に対し、「保育園に行きたいな」と
屈託なく笑う子の顔を見て、かえって悲しくなった。

|

« 可哀相な子たち | トップページ | ビフォーアフター終了に想う »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

私も一時は患者のエゴだと考え、ブログでもそのようなことを書きました。
しかし、ネットで調べて、改めてこの病気に対して全く無知であることを知りました。患者の皆さんの苦しみ、厚生省の対応など、勉強しなければいけないなあと改めて考え直しています。

投稿: のびぃ太 | 2006.01.28 20:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/8375039

この記事へのトラックバック一覧です: 子供がかわいそうだ:

» ■親が望む障害児の環境と安全な環境 [【音静庵】]
div class="divtxt"「痰の吸引」は、かつて医療行為とされ、 非医療職が行うことは、法律で禁止されていました。 この為、在宅ケアに制限がかかり、家族の負担はそれはそれは、 ... [続きを読む]

受信: 2006.01.28 10:38

» story:03 [http://lostmountain.seesaa.net/]
「医療できぬ」と女児入園拒否、東大和市に許可命じる・地裁 「積み木で遊ぶ」と笑顔 地裁決定で女児らが会見 よかったね。鈴花ちゃん。 (完) ………… …… しかし これなぁ。 美談のように思えるけど 裁判に勝ったのは テレビを中心にしたマスコミが 東..... [続きを読む]

受信: 2006.01.29 01:31

» 「たん吸引」必要な女児の保育園入園、東大和市に義務づけ [きつねのすみか]
「たん吸引」必要な女児の保育園入園、東大和市に義務づけ 気管切開手術を受けて、吸 [続きを読む]

受信: 2006.03.15 09:54

« 可哀相な子たち | トップページ | ビフォーアフター終了に想う »