« ルパン三世クロニクル バビロンの黄金伝説 | トップページ | アイスバーン »

ドンキホーテ、絶叫マシン設置断念

ディスカウント店のドンキホーテが8億円をかけて六本木店屋上に設置し、稼働させる予定だった絶叫マシン「ハーフパイプ」を撤去する方針を固めた。

大阪ではすでに道頓堀店で観覧車を設置しており、このマシンはそれに続く店舗併設娯楽施設の決定版となるはずだった。

しかしその設置は、テレビでセンセーショナルに取り上げられ、騒音や振動を懸念する近隣住民の不満の声は増幅するばかり。結局溝が埋められず、今回の決定に至ったようである。

ドンキの六本木店には一度行ったことがある。しかも夜10時頃。歓楽街の代名詞・六本木であるが、居並ぶ黒人男性の間を通り抜けるときはマジで怖かった(しかも何かを手渡していたのが見えた)。お買い物自体はふつうに楽しめたけれど。

そんな環境にある六本木店の屋上から轟音と絶叫が聞こえてくるとしたら…案外楽しいかもしれないが、六本木のいかがわしさはますます増幅するであろう。

ドンキの稲村取締役のコメントがふるっている。「見当違いの反対運動に屈するものではない」としつつ、「何の根拠もない感情論だ」と無念さと被害者意識を隠さない。

しかし設置する前からこうなることは予測できたはず。それなのに、なぜ?と思わされる。

ドンキホーテといえばこれまでも24時間営業で住民トラブルを起こしたり、放火されて店舗が全焼したり、記者会見に社員(=稲村氏)を潜り込ませるなど、マイナスとなる案件を引き起こし(引き起こされ)てはそれを乗り越えてきた。

一方、深夜の薬品販売では役人と戦う姿を見せたし、芸能人などにファンも多い。客を喜ばせることを心がける販売手法は一定の支持を得ており、他の追随を許さない。ドンキは常にイメージの低下と安定の間をたゆたう「猛者集団」といえる。

しかし、ドンキは企業イメージというものを本当に理解しているのだろうか。今回の案件は、稲村氏のコメント含め、ほんとうに理解に苦しむ。

前も紹介した、テレビで取り上げられた30代の幹部社員。タメ口、恫喝、上司(=これも稲村氏)へのおべんちゃら…態度の悪い「野心家」にしか見えなかったが、こういう人間がアタマを務める組織なら、こんなおつむの足りない行動もコメントも、なんとなく理解が出来る。

それでもドンキに集う客足は、変わることはないだろう。自分もまた東京に行くことがあれば、やっぱりドンキに寄ってしまうだろうし。

|

« ルパン三世クロニクル バビロンの黄金伝説 | トップページ | アイスバーン »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

ドンキがふつうの企業に生まれ変わる転機になるかもしれません。
ただ、あのおもしろさがなくなるとすると、ちょっとつまらない気もしますね。
いかがわしい楽しさといいますか。それを生んでいるのは、会社自体がいかがわしいからなのかも??

投稿: たかはし | 2005.12.11 11:12

郊外のアミューズメントパークなど少なかった
昭和40年代に子供時代をすごした自分からすると、
当時街中のデパートの屋上にあった遊園施設を思い出します。
回転コーヒーカップやせいぜいミニ電車くらいでしたが。

ただあの絶叫マシンはやはり引きますね。
ちょっと度を越している気がするんですが・・・その
度を越すことが今までのドンキの躍進を生んだ
原動力なんでしょうけど。

でもなんかこの騒ぎがドンキの一つの流れが変わる分岐点に
なりそうな気がしますよ。
将来「あの時からだよな~」となるような。

投稿: 傷だらけの天使 | 2005.12.10 11:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドンキホーテ、絶叫マシン設置断念:

» ドンキホーテ六本木店の屋上コースター建設断念 [猫煎餅の偏頭痛ブログ]
ここ参照。特筆すべきはこのコメント。 ドン・キホーテの担当者は「地域活性化にと考えていたが、遊戯施設が本業でもないのに、一部団体からバッシングされたのではたまらない」 最低の品性ですね。自分達が良ければあとのことはどうでもいいと。消防法違反で、従業員三人焼死させた反省はどこに行ってしまったんでしょう?本業じゃないからこそ、より一層注意し、近隣環境に気を配って事業化すべきじゃないでしょうか。ちょっと見世物に設置するだけだから、法律も迷惑もどうでもいいって姿勢なのが、はっきりと分かります。私は、ドン... [続きを読む]

受信: 2005.12.09 22:25

» ドン・キホーテは反省せず、抵抗する [何かをすれば何かが変わる]
屋上の絶叫マシン撤去へ ドン・キホーテ六本木店 (共同通信) - goo ニュース  あまりにも社会の感性とズレた行動に、周辺住民もいささか辟易していたのではないかと思う。  この遊戯施設、「ハーフパイプの設計、施工、運営はドン・キホーテとは別の遊戯メーカーが行っており、ドン・キホーテ側は「六本木のさらなるにぎわいと活性化」などを目的に設置場所を提供した立場だった。」という。提案を受けた側か... [続きを読む]

受信: 2005.12.09 23:29

» ドン・キホーテが絶叫マシン開業を断念! [やっばり言いたい中年のひとこと日記]
ドンキ断念…六本木店屋上に絶叫マシン開業を延期 ZAKZAK 2005/12/09 ディスカウントショップ大手のドン・キホーテは9日までに、東京都港区の六本木店屋上に設置した絶叫マシン「ハーフパイプ」の21日開業を断念、延期することを決めた。運営中止やハーフパイプの撤去も視野に入れ、今後の対応を検討する。 「本業である小売業(店舗)のイメージを損なうようなことに繋がっては本末転倒、由々しき事態といわざるを得ない」 ドン・キホーテは8日に文書で延期を発表、断念のワケをこのように説明し...... [続きを読む]

受信: 2005.12.10 08:46

» 間が悪いドンキ [かきなぐりプレス]
騒音問題もさることながら、ビルの屋上に巨大な遊具を設置しているわけだが、ビル自体の耐震性とあわせると、今のご時世では矛先は自然とそちらに向かうというものだ。行政が認可した建物にも耐震偽装があったことを考えると、反対派への追い風になった。そういう意味では姉歯建築士様々だ。 ドン・キホーテは六本木店の屋上に設置していた絶叫マシン「ハーフパイプ」の今月21日の開業を延期する、と発表した。地元商店街などの反対に屈し、最終的には撤去されることになりそうだ。法的には問題がないながら会社のイメージダウンを懸... [続きを読む]

受信: 2005.12.10 10:03

» ドンキホーテ六本木店屋上に建設した遊戯施設に関する行政の対応 [「まぁ皆さん聞いてください」]
まぁ皆さん聞いてください  皆さんは、ドン・キホーテ六本木店の屋上に建設した遊戯施設「ハーフパイプ」の運営中止・施設撤去を視野に入れた開業の延期を発表したことは既にご存知あろう。延期理由は周辺住民や地元商店街などから建設中止を求める反対運動が起っていたか....... [続きを読む]

受信: 2005.12.10 11:29

» 真鍋かおり []
蜘ちゃん。そんなに褒めないで。 もっと褒めて。 で、谷本いい奴だね! 昨日からいっぱい売ってあげた。 もう、無料奉仕。 だって、いい笑顔もらっちゃったから。 それと、あの抜けてる所、放とっけない。 今、松んとこでコンサル中。 第2の蜘、森計画実行中。 半年で売り上げ6倍計画。 たぶん、行くしょ。 群馬と岐阜、地域似てるから同じ事 するだけ。ARTの高崎もあるし! 楽勝だね。6億くらいは。 なー森。どう思う? そういえば、 昨日、真鍋かおりのブログからなんか ... [続きを読む]

受信: 2005.12.11 18:11

» 六本木ドンキ8億ムダに!! [くだらないことに愛を込めて・・・blog]
屋上の絶叫マシン撤去へ ドン・キホーテ六本木店 こんにちわ! 10月16日に書いた記事 「六本木 ドンキホーテのたくらみ」にて紹介した、 六本木のドンキ屋上の遊戯施設が 運営前に撤去されるようです。 建設費は8億だったそうなので、 大損ですね! 観覧車とち...... [続きを読む]

受信: 2005.12.11 22:42

« ルパン三世クロニクル バビロンの黄金伝説 | トップページ | アイスバーン »