« ドリフの音楽 | トップページ | 午前4時 地底からの声 »

トサカに来た

パソコンの調子が悪かったのをいろいろやって修復させ
ごまかしごまかし使っていたが、やっぱりダメだった。

XPには自動アップデート機能があるが、
きょうになってひとつアップデートを実行され、
再起動したとたん、またまた黒い画面にポップアップがひとつ。
「lsass.exe」がアプリケーションエラーとぬかしやがる。
OKをクリックしてもポップアップが消えるだけ。
黒い画面にむなしく浮かぶ白い矢印。
キーボードは反応しない。

いつものことだ、とWindowsを再インストールしたら
今度は起動時に一瞬だけ「ページングファイル」「クォータ不足」
とかなんとか書いてあるポップアップが映って、
すぐに再起動してしまい、その無間地獄。

検索してみても、復帰できるような実のある情報は探し出せず、お手上げ。
素人ならパソコンを投げ捨ててしまうであろう。

しかしまだまだあきらめん。
増設前、パ○コン工房で買ったときについてきたHDDがある。
OS一式も残ったままだったので、それが最初に起動するようにBIOSをいじった
(いままでのHDDに入っていたシステムは壊れたんだから
ライセンス上の問題はあるまい)。

すると、OSがきっちり立ち上がった。
ダメになってしまったほう(といっても物理的には壊れていない)のHDDから
メールや音楽などのデータをすくいとると、
もう今朝までの状態とほぼ同じである。

実を言えば、やっぱり新しい方の(つまり壊れてしまった方の)HDDを
まっさらにして、一からOSを入れ直したいところであるが、
今の状態に戻すには、それはそれは恐ろしいくらいに面倒な事態になりそうなので、
このままで行こうと思っている。

いやいや、パソコンってのはホントーに難しい。

|

« ドリフの音楽 | トップページ | 午前4時 地底からの声 »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/7208334

この記事へのトラックバック一覧です: トサカに来た:

« ドリフの音楽 | トップページ | 午前4時 地底からの声 »